広報活動

2004年3月31日

女性科学者のパイオニアたち 2 私のえらんだ道 阿武喜美子

女性科学者のパイオニアたち 2 私のえらんだ道 阿武喜美子

キーワード

理研紹介、科学史

概要

ドイツに留学経験のある開業医を父に持つ、阿武喜美子。環境に恵まれ文武両道の活発な高女時代を過ごした。東京女高師に次いで東京文理大(現筑波大)を出ると、持ち前の勝気さと行動力で東京帝大の薮田貞治郎(農芸化学者)の研究室に潜り込む。薮田の尽力で大学院入学を許可され、女性第1号として卒業。生化学者として理研と米国留学で「糖の研究」に業績をあげる一方、教育者としても戦後の教育改革や女性科学者の地位向上に貢献した。

再生時間

14分