広報活動

2017年2月28日

「エレクトロフルイディクス」で微生物の動きを3次元制御する

キーワード

エレクトロフルイディクス、マイクロ流体素子、ガラスマイクロチップ、フェムト秒レーザー、微細加工、微生物、ミドリムシ、運動制御、3次元、鞭毛、回転運動

概要

微生物や生細胞の運動方向を自在に制御することは、それらの動態・機能を解明するために極めて重要です。 特に高速で運動する微生物の鞭毛などの部位を詳細に分析するには、その動きをさまざまな方向から観察することが不可欠です。

理研の研究チームはレーザーを用いて、ガラスマイクロチップ内部の3次元マイクロ流体構造へ自在に金属配線を施す技術を開発し、この技術を用いて「エレクトロフルイディクス」=マイクロ流体素子に電気・電子素子を集積化したバイオチップを作製することにより、微生物の運動方向を自在に制御することに成功しました。

2017年2月28日プレスリリース「マイクロ閉空間での微生物の3次元運動制御に成功」より

発表者

光量子工学研究領域 エクストリームフォトニクス研究グループ 理研-SIOM連携研究ユニット
ユニットリーダー 杉岡 幸次 (すぎおか こうじ)

再生時間

55秒