広報活動

2017年5月12日

ATPのおいしそうな匂いに誘われて

キーワード

ゼブラフィッシュ、嗅覚受容体、ATP、アデノシン

概要

理研の研究チームはゼブラフィッシュを用いて水に溶けたATPに対する行動を調べたところ、ATPに引き寄せられる「誘引行動」を示しました。

ヒトを含め陸上で生活している陸棲生物は空気中に存在する揮発性の物質を匂い分子として感じますが、水中で生活している魚などの水棲生物は水に溶けている物質を匂い分子として感じます。

私たちの体内で、エネルギー源として、DNAやRNAの構成成分として、さらには細胞間や細胞内のシグナル伝達分子として重要な役割を果たしているアデノシン三リン酸(ATP)も、水棲生物では匂い分子としても機能すると考えられています。

しかし、魚がどのようなメカニズムでATPを嗅いでいるのか、ATPに対してどのような応答を示すのかについては、これまで明らかにされていませんでした。

2017年5月12日プレスリリース「ATPのおいしそうな匂いに誘われて」より

発表者

脳科学総合研究センター シナプス分子機構研究チーム
チームリーダー 吉原 良浩 (よしはら よしひろ)
客員研究員 脇阪 紀子 (わきさか のりこ)

再生時間

26秒