広報活動

2018年1月31日

ゼブラフィッシュ稚魚のCO2からの忌避行動

キーワード

ゼブラフィッシュ、第0脳神経、終神経

概要

理研の研究チームはゼブラフィッシュを用いてこれまでその生理機能がよく分かっていなかった第0脳神経(終神経)が、脊椎動物における二酸化炭素(CO2)からの忌避行動をつかさどることを発見しました。

命を脅かす可能性のある感覚刺激(脅威刺激)からの忌避行動は、全ての動物の生存に必須です。これまで、触覚・聴覚・視覚の脅威刺激にさらされたゼブラフィッシュの稚魚は、素早い逃避行動を示すことが報告されていました。しかし、化学物質の刺激に対する行動はほとんど分かっていませんでした。

研究チームは、さまざまな化学物質のうちCO2刺激がゼブラフィッシュの稚魚に対し、明確な忌避反応を引き起こすことを見いだしました。そして、脳内の神経系のうち、終神経から三叉神経に至る神経回路が 忌避行動に必要なことを明らかにしました。

2018年1月31日プレスリリース「第0脳神経(終神経)の機能に新たな視点」より

発表者

脳科学総合研究センター シナプス分子機構研究チーム
チームリーダー 吉原 良浩 (よしはら よしひろ)
研究員 小出 哲也 (こいで てつや)

再生時間

25秒