広報活動

2018年2月23日

自由行動下マウスとマーモセットの生体深部からの発光シグナルをリアルタイムで観察可能な「AkaBLI」

キーワード

脳科学、生物発光、ルシフェリン、ルシフェラーゼ、AkaLumine、Akaluc、AkaBLI、Rluc、D-luciferin、Fluc、ホタル、イメージング、リアルタイム、非侵襲、自由行動、マウス、マーモセット

概要

理研の研究チームは新規の人工生物発光システムAkaBLI を開発し、生きた動物個体深部からのシグナル検出能を飛躍的に向上させました。自由に行動するマウスとマーモセットからAkaBLI発光シグナルをリアルタイムで観察できます。

2018年2月23日プレスリリース「脳の深部を非侵襲的に観察できる人工生物発光システムAkaBLI」より

動物個体のバイオイメージングにおいては、一般的にホタルの生物発光システムである天然基質D-luciferinと天然酵素Flucが世界標準として用いられています。

今回開発したAkaBLIを用いると、生体深部からの発光シグナルを従来の100~1,000倍の強さで検出できました。

無麻酔かつ自由行動の状態で非侵襲的に可視化できるため、高等動物の高次脳機能をより自然な状況で解析することができます。今後、動物個体を扱う生命科学分野で幅広い活躍が期待されます。

発表者

脳科学総合研究センター 細胞機能探索技術開発チーム
チームリーダー 宮脇 敦史 (みやわき あつし)
(光量子工学研究領域 エクストリームフォトニクス研究グループ 生命光学技術研究チーム チームリーダー)
基礎科学特別研究員 岩野 智 (いわの さとし)

再生時間

55秒