広報活動

2018年4月17日

耐熱性・高効率・超薄型有機太陽電池

キーワード

理研、理化学研究所、RIKEN、riken Center for Emergent Matter Science、CEMS、研究開拓本部、主任研究員、工学、化学、有機エレクトロニクス、フレキシブルエレクトロニクス

概要

理研らの国際共同研究グループは、耐熱性と高いエネルギー変換効率(太陽光エネルギーを電力に変換する効率)を兼ね備えた「超薄型有機太陽電池」の開発に成功しました。

本研究成果は、衣服貼り付け型の電源応用に大きく貢献すると期待できます。

今回、共同研究グループは、理研独自のウルトラフレキシブル有機半導体デバイス技術に加え、新しい半導体ポリマーを開発することで、超柔軟で極薄の有機太陽電池の耐熱性とエネルギー変換効率を大きく改善することに成功しました。
この有機太陽電池は、最大エネルギー変換効率10%を達成しながら、100℃の加熱でも素子劣化が無視できるほど小さいという高い耐熱性を持っています。また、大気環境中で80日保管後の性能劣化も20%以下に抑えられています。このような高効率と高安定性の両立により、「ホットメルト手法」を用いた衣服への直接貼り付けが可能になりました。

2018年4月17日プレスリリース「耐熱性・高効率・超薄型有機太陽電池」より

発表者

理化学研究所
東レ株式会社
科学技術振興機構

再生時間

29秒