広報活動

2018年6月6日

1細胞RNA分画解読法の開発に成功

キーワード

開拓研究本部、理研白眉研究チーム、工学、総合理工、マイクロ流体、一細胞解析、界面動電現象、核酸、次世代シーケンシング

概要

理研らの共同研究グループは、一つの細胞から核RNAと細胞質RNAを分画して、それぞれの遺伝子発現を解析できるマイクロ流体技術を基盤とする「1細胞RNA分画解読法(SINC-seq法)」を開発しました。

本研究成果は、遺伝子発現制御の理解を通じて細胞生物学の研究を加速し、将来的には、遺伝子治療や創薬、微生物産業などへの応用展開が期待できます。

2018年6月6日プレスリリース「1細胞RNA分画解読法の開発に成功」より

発表者

主任研究員研究室 新宅マイクロ流体工学理研白眉研究チーム
理研白眉研究チームリーダー 新宅 博文(しんたく ひろふみ)
研修生 マハメッド・ナディ・アブデルモエズ(Mahmoud Nady Abdelmoez)

再生時間

23秒

関連情報