広報活動

2018年6月11日

Ant1変異マウスの脳切片の染色像

キーワード

脳神経科学研究センター、精神疾患動態研究チーム、総合生物、双極性障害、うつ病、ミトコンドリアDNA、ゲノミクス、動物モデル

概要

理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター精神疾患動態研究チームの加藤忠史チームリーダーらの共同研究チームは、双極性障害(躁うつ病)の病態において、ミトコンドリア機能障害がセロトニン神経の活動変化を引き起こすことを発見しました。
本研究成果は、双極性障害の新しい診断法・治療法の開発に貢献すると期待できます。

共同研究チームは、双極性障害患者集団の中に、ミトコンドリア病の原因遺伝子(ANT1)に変異を持つ患者を見いだしました。脳だけにこの遺伝子の変異を持つマウスを作製・解析した結果、セロトニン神経細胞の活動が亢進していることを発見しました。
これによって、双極性障害において、ミトコンドリア機能障害とセロトニン神経伝達の変化という、二つの病態経路をつなぐメカニズムを初めて解明しました。

2018年6月11日プレスリリース「双極性障害におけるミトコンドリアとセロトニンの関係」より

発表者

脳神経科学研究センター 精神疾患動態研究チーム
チームリーダー 加藤 忠史(かとう ただふみ)

再生時間

19秒