広報活動

2019年1月18日

ヌクレオソームレベルでの全ゲノム構造解析(出芽酵母1番染色体)

キーワード

Center for Biosystems Dynamics Research、BDR、ヌクレオソーム、ゲノム、DNA、ヒストン

概要

理研の研究チームは、ゲノムDNAの全領域にわたる3次元構造を、その最小構成単位である「ヌクレオソーム」レベルの分解能で決定することに成功しました。

本研究成果は、細胞内の遺伝子の制御状態を分子レベルで理解し、人為的に制御するための基盤になるものであり、遺伝子制御に関わる新しいドラッグデザインや、iPS細胞や培養臓器の効率的な作製など、医学・生物学の幅広い研究に貢献することが期待できます。

DNAは白いひもで、ヌクレオソーム内のヒストンは青・水・灰・白色の四つのビーズの塊で表現しています。

2019年1月18日プレスリリース「世界最高分解能で全ゲノムの3次元構造を解明」より

再生時間

9秒