研究紹介

計算科学研究機構

可視化技術研究チーム

チームリーダー 小野 謙二 (D.Eng.)
小野 謙二 (D.Eng.)

大規模な計算機システムが生み出すデータを可視化・分析し、科学的な発見や物事の本質を引き出すことにより創造や改善に繋げ、研究成果を社会に還元することは、科学技術計算プロセスの一部として非常に重要です。当研究チームでは、様々な研究分野のデータを集約的に扱い、効率よく分析・可視化するデータ処理の方法論とシステムを開発・整備し、可視化サービスを含めアウトリーチにつなげる活動を推進します。可視化とデータ処理は情報科学・計算科学・計算機科学分野の融合的な基盤技術であり、その適用範囲は幅広く、分野横断的な点が特徴です。各コミュニティと連携を図り、分散環境における高速・高品位な並列イメージ生成技術、サブペタオーダーの粒子追跡アルゴリズム開発、ポスト処理技術を有機的に結合した可視化・データ処理共通基盤システムの研究開発などに取り組みます。

研究テーマ

  • 高性能並列可視化システムの研究開発
  • 大規模粒子可視化アルゴリズムの研究開発
  • 大規模データのデータ削減の研究

主要論文

  1. Nonaka, J., Fujita, M. and Ono K.:
    “Multi-Step Image Composition Approach for Sort-Last Massively Parallel
    Rendering”
    Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering Vol. 2(1), pp. 108-125, (2015)
  2. Nonaka, J., Fujita, M. and Ono K.:
    “234 Scheduling of 3-2 and 2-1 Eliminations for Parallel Image
    Compositing Using Non-Power-of-Two Number of Processes”
    2015 International Conference on High Performance Computing & Simulation (HPCS), pp. 421-428, (2015)
  3. Fujishiro, I., Chen, B.-Y., Chen, W., Hong, S.-H.. Itoh, T., Koyamada, K.,
    Ono, K. and Nonaka, J.:
    “Top Computational Visualization R&D Problems 2015: Panel”
    SIGGRAPH Asia 2015 Visualization in High Performance Computing (SA '15)}, pp. 20:1-20:13, (2015)
  4. Ye, Y. C., Wang, Y., Miller, R., Ma, K.-L. and Ono, K.:
    “In situ Depth Maps based Feature Extraction and Tracking”
    IEEE Symposium on Large Data Analysis and Visualization (LDAV), pp. 1-8, (2015)
  5. Kenji, O., Yasuhiro, K. and Tomohiro, K.:
    “Data Centric Framework for Large-scale High-performance Parallel
    Computation”
    Procedia Computer Science, vol. 29, pp. 2336 - 2350,(2014)
  6. Ono, K., Chiba, S., Inoue, S. and Minami, K.:
    “Low Byte/Flop Implementation of Iterative Solver for Sparse Matrices
    Derived from Stencil Computations”
    High Performance Computing for Computational Science - VECPAR 2014, vol. 8969, pp. 192-205, (2014)
  7. Chongke, Bi.,Ono, K. and Lu, Y.:
    “2-3-4 Combination for Parallel Compression on the K Computer”
    IEEE Pacific Visualization Symposium (PacificVis), pp.281-285, (2014).
  8. Chongke, Bi., Ono, K. and Lu, Y.:
    “Parallel POD Compression of Time-Varying Big Datasets Using m-Swap on
    the K Computer”
    IEEE International Congress on Big Data 2014, pp. 438-445, (2014)
  9. Ono, K., Kawanabe, T. and Hatada, T.:
    “HPC/PF - High Performance Computing Platform: An Environment That
    Accelerates Large-Scale Simulations Lecture Notes in Computer Science”
    High Performance Computing for Computational Science - VECPAR 2012, vol. 7851, pp. 23-27, (2013)
  10. Bi, C., Ono, K., Ma, K.-L., Wu, H. and Imamura, T.:
    “Proper Orthogonal Decomposition Based Parallel Compression for
    Visualizing Big Data on the K Computer”
    IEEE Symposium on Large-Scale Data Analysis and Visualization (LDAV), pp. 121-122, (2013).

メンバーリスト

主宰者

小野 謙二
チームリーダー

メンバー

野中 丈士
研究員
飯塚 幹夫
研究員
BI Chongke
特別研究員
櫻井 大督
特別研究員
川鍋 友宏
テクニカルスタッフⅠ
三上 和徳
テクニカルスタッフⅠ
藤野 清次
客員主管研究員
坂本 尚久
客員研究員
藤田 将洋
客員技師
奥 健太郎
客員技師