研究紹介

Home > 研究紹介 > 革新知能統合研究センター > 目的指向基盤技術研究グループ >

革新知能統合研究センター

経済経営情報融合分析チーム

チームリーダー 星野 崇宏 (Ph.D.)
星野 崇宏 (Ph.D.)

社会変動と技術革新の速度が増し社会経済状況の不確実性が高まる中で、政府の政策意思決定や企業の経営意思決定は即応性と柔軟性が求められています。また、消費行動や金融行動、企業経営行動についても購買履歴やWeb閲覧、位置情報、取引ログなど大量かつ多頻度のビッグデータが利用可能になっているにも関わらず、そのままでは自社のデータしか得られないなどのバイアスがあり社会経済全体、あるいは経営について判断し予測する、施策介入するに足る情報にはなりません。本チームは政府・公的統計の精度向上、投資や経営意思決定に資する情報の精度向上のため、企業のビッグデータや政府統計・マクロデータなど異種のデータを融合させる技術の開発や、経済経営関連のデータ取得方法の改善を行うための統計的機械学習や種々のAI技術の開発研究応用を行います。

研究主分野

経済 & 経営学

研究関連分野

神経科学 & 行動科学 / コンピューター科学 / 数学 / 社会科学 一般

研究テーマ

  • データフュージョン法の開発
  • 経済経営分野でのデータ取得方法の改善
  • 経済経営分野でのビッグデータの匿名化解析

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. *Okada,K. and Hoshino, T.:
    "Researchers’ Choice of Number and Range of Levels in Experiments Affects the Resultant Variance-Accounted-For Effect Size"
    Psychonomic Bulletin & Review, 24(2), 607-616 (2017).
  2. *新美潤一郎・星野崇宏:
    "顧客行動の多様性変数を利用した購買行動の予測"
    人工知能学会論文誌, 32(2) B-G63_1-B-G63_9. (2017)
  3. *猪狩良介・星野崇宏:
    "階層ベイズ動的サンプル・セレクションモデルによるWebサイトへの誘導とサイト閲覧行動の同時分析"
    日本統計学会誌, 43, 185-214.  (2014)
  4. *星野崇宏:
    "継続時間と離散選択の同時分析のための変量効果モデルとその選択バイアス補正"
    日本統計学会誌, 43, 41-58. (2013)
  5. *Hoshino, T.:
    "Semiparametric Bayesian Estimation for Marginal Parametric Potential Outcome Modeling: Application to Causal Inference"
    Journal of the American Statistical Association, 108, 1189-1204. (2013)
  6. *Hoshino, T. and Bentler, P.M.:
    "Bias in Factor Score Regression and a Simple Solution"
    In Analysis of Mixed Data : Methods & Applications (A.R. de Leon & K. C. C. Carriere,eds). (2013)
  7. *Hoshino, T.
    "Bayesian Significance Testing and Multiple Comparisons from MCMC Outputs"
    Computational Statistics & Data Analysis, 52, 3543-3559. (2008)
  8. *Kurata, H., Hoshino, T. and Fujikoshi, Y.
    "Allometric Extension Model for Conditional Distributions".
    Journal of Multivariate Analysis, 99 1985-1998. (2008)
  9. *Hoshino, T.
    "A Bayesian Propensity Score Adjustment for Latent Variable Modeling and MCMC algorithm"
    Computational Statistics & Data Analysis, 52, 1413-1429. (2008)
  10. *Hoshino, T.
    "Doubly Robust type Estimation for Covariate Adjustment in Latent Variable Modeling"
    Psychometrika, 72 535-549. (2007)

お問い合わせ先

〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学
経済学部

bayesian [at] jasmine.ocn.ne.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

Home > 研究紹介 > 革新知能統合研究センター > 目的指向基盤技術研究グループ >