研究紹介

生命機能科学研究センター

エピジェネティクス制御研究ユニット

ユニットリーダー 梅原 崇史 (Ph.D.)
梅原 崇史 (Ph.D.)

エピジェネティクス(後成遺伝学)は、先天的な遺伝情報に「後付け」される生命情報を扱う研究分野です。この「後付け」は、ヌクレオソームと呼ばれるゲノムDNAとヒストンタンパク質の複合体に対する化学修飾が主な実体です。エピジェネティクスは癌や生活習慣病などの疾病に関わることから、創薬標的として注目を集めています。当ユニットは、様々なエピジェネティクス情報を持つヌクレオソームを精密に再構成する技術を開発し、ヒトのエピジェネティクス状態を試験管内で再現することをめざします。さらに、エピジェネティクスを制御する分子の開発を通して、細胞の機能や疾病を制御することをめざします。

研究主分野

医歯薬学

研究関連分野

化学 / 生物学

キーワード

  • クロマチン
  • 創薬
  • エピゲノム
  • 遺伝子発現
  • ヌクレオソーム

主要論文

  1. Saito, S., Kikuchi, J., Koyama, D., Sato, S., Koyama, H., Osada, N., Kuroda, Y., Akahane, K., Inukai, T., Umehara, T. and Furukawa, Y.:
    "Eradication of central nervous system leukemia of T-cell origin with a brain-permeable LSD1 inhibitor"
    Clin. Cancer Res. 25 1601-1611. 2019.
  2. Umezawa, N., Tsuji, K., Sato, S., Kikuchi, M., Watanabe, H., Horai, Y., Yamaguchi, M., Hisamatsu, Y., Umehara, T. and Higuchi, T.:
    "Inhibition of FAD-dependent lysine-specific demethylases by chiral polyamine analogues"
    Royal Soc. Chem. Adv. 8 36895-36902. 2018.
  3. Tsusaka, T., Kikuchi, M., Shimazu, T., Suzuki, T., Sohtome, Y., Akakabe, M., Sodeoka, M., Dohmae, N., Umehara, T. and Shinkai, Y.:
    "Tri-methylation of ATF7IP by G9a/GLP recruits the chromodomain protein MPP8"
    Epigenetics Chromatin. 11 56. 2018.
  4. Handoko, L., Kaczkowski, B., Hon, C.C., Lizio, M., Wakamori, M., Matsuda, T., Ito, T., Jeyamohan, P., Sato, Y., Sakamoto, K., Yokoyama, S., Kimura, H., Minoda, A. and Umehara, T.:
    "JQ1 affects BRD2-dependent and independent transcription regulation without disrupting H4-hyperacetylated chromatin states"
    Epigenetics. 13 410-431. 2018.
  5. Niwa, H., Sato, S., Hashimoto, T., Matsuno, K., Umehara, T.:
    "Crystal structure of LSD1 in complex with 4-[5-(piperidin-4-ylmethoxy)-2-(p-tolyl)pyridin-3-yl]benzonitrile"
    Molecules. 23 1538. 2018.
  6. Hirano, T., Fujiwara, T., Niwa, H., Hirano, M., Ohira, K., Okazaki, Y., Sato, S., Umehara, T., Maemoto, Y., Ito, A., Yoshida, M. and Kagechika, H.:
    "Development of novel inhibitors for histone methyltransferase SET7/9 based on cyproheptadine"
    ChemMedChem. 13 1530-1540. 2018.
  7. Yoneyama, Y., Lanzerstorfer, P., Niwa, H., Umehara, T., Shibano, T., Yokoyama, S., Chida, K., Weghuber, J., Hakuno, F. and Takahashi, S.-I.:
    "IRS-1 acts as an endocytic regulator of IGF-I receptor to facilitate sustained IGF signaling"
    eLife. 7 e32893. 2018.
  8. Osada, N., Kikuchi, J., Umehara, T., Sato, S., Urabe, M., Abe, T., Hayashi, N., Sugitani, M., Hanazono, Y. and Furukawa, Y.:
    "Lysine-specific demethylase 1 inhibitors prevent teratoma development from human induced pluripotent stem cells"
    Oncotarget. 9 6450-6462. 2018.
  9. Shinohara, Y., Koyama, Y.M., Ukai-Tadenuma, M., Hirokawa, T., Kikuchi, M., Yamada, R.G., Ukai, H., Fujishima, H., Umehara, T., Tainaka, K. and Ueda, H.R.:
    "Temperature-sensitive substrate and product binding underlie temperature-compensated phosphorylation in the clock"
    Mol. Cell. 67 783-798. 2017.
  10. Niwa, H. and Umehara, T.:
    "Structural insight into inhibitors of flavin adenine dinucleotide-dependent lysine demethylases"
    Epigenetics. 12 340-352. 2017.

メンバーリスト

主宰者

梅原 崇史
ユニットリーダー

メンバー

丹羽 英明
上級技師
菊地 正樹
研究員
DAS Nando
研究員
森田 鋭
技師
若森 昌聡
技師
佐藤 心
技師
青木 大将
大学院生リサーチ・アソシエイト
栃尾 尚哉
客員研究員

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22-W221
Tel: 045-503-9457
Fax: 045-503-9201

takashi.umehara [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2018年8月8日: 報道発表資料
「がんエピゲノム」を検出する新手法