研究紹介

バイオリソースセンター (BRC)

小幡 裕一 (Ph.D.)
センター長
小幡 裕一
(Ph.D.)
生物遺伝資源(バイオリソース)は、科学技術、イノベーションの発展に必要不可欠な研究基盤です。当センターは我が国の貴重なバイオリソース、すなわち実験用マウス、実験植物シロイヌナズナ、iPS細胞等のヒト・動物細胞材料、遺伝子材料、微生物材料を収集、高品質に保存・管理し、それらを情報とともに利用を希望する研究者に提供することにより研究開発の発展に貢献しています。2001年の設立以来、信頼性、継続性、先導性を事業の柱として展開し、いずれのリソースについても、国際的な拠点として活動しています。

組織

組織図PDF(451KB)

  • 創薬細胞基盤開発チーム
    井上 治久 (M.D., Ph.D.)

お問い合わせ先

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
Tel: 029-836-9111(代表)
Fax: 029-836-9109

soumu1 [at] rtc.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

最新の研究成果

2017年5月12日: 報道発表資料
核移植技術でアレルギーマウス誕生
2017年5月3日: 報道発表資料
小分子RNAの胎盤での役割
2017年4月22日: 報道発表資料
NGLY1欠損症の治療標的候補の発見
2017年2月14日: 報道発表資料
野生マウスをおとなしく
2016年12月26日: 報道発表資料
ゲノム編集の落とし穴

イベント・シンポジウムなど

刊行物

その他の関連情報