研究紹介

バイオリソースセンター

遺伝工学基盤技術室

室長 小倉 淳郎 (D.V.M., Ph.D.)
小倉 淳郎 (D.V.M., Ph.D.)

信頼性の高いバイオリソース事業のためには、リソースをより高度なクオリティにて安定的に維持・供給することが求められています。当室は、そのために必要な技術開発を行います。特にマウスおよび細胞リソース事業に必須の基盤的技術である核移植法、顕微授精法、各種幹細胞の樹立法ならびに胚・配偶子等リソース凍結法の開発を推進します。さらに、これらの技術を応用した発生・繁殖学およびエピジェネティクス研究を進めます。

研究主分野

総合生物

研究関連分野

生物学 / 農学 / 医歯薬学

キーワード

  • 受精
  • ゲノム再プログラム化
  • 生殖細胞
  • エピジェネティクス

主要論文

  1. Inoue, K., Hirose, M., Inoue, H., Hatanaka, Y., Honda, A., Hasegawa, A., Mochida, K., Ogura, A.:
    "The rodent-specific microRNA cluster within the Sfmbt2 gene is imprinted and essential for placental development."
    Cell Rep 19, 949-956 (2017).
  2. Kaminuma, O., Katayama, K., Inoue, K., Saeki, M., Nishimura, T., Kitamura, N., Shimo, Y., Tofukuji, S., Ishida, S., Ogonuki, N., Kamimura, S., Oikawa, M., Katoh, S., Mori, A., Shichijo, M., Hiroi, T., Ogura, A.:
    "Hyper-reactive cloned mice generated by direct nuclear transfer of antigen-specific CD4+ T cells."
    EMBO Rep 18, 885-893 (2017)
  3. Hatanaka, Y., Inoue, K., Oikawa, M., Kamimura, S., Ogonuki, N., Kodama, E., Ohkawa, Y., Tsukada, Y., Ogura, A.:
    "Histone chaperone CAF-1 mediates repressive histone modifications to protect preimplantation mouse embryos from endogenous retrotransposon."
    Proc Natl Acad Sci USA 112, 14641-14646, (2015)
  4. Oikawa, M., Inoue, K., Shiura, H., Matoba, S., Kamimura, S., Hirose, M., Mekada, K., Yoshiki, A., Tanaka, A., Abe, K., Ishino, F., and Ogura, A.:
    "Understanding the X chromosome inactivation cycle in mice: A comprehensive view provided by nuclear transfer."
    Epigenetics 9, 204–211 (2014).
  5. Ogura, A., Inoue, K., and Wakayama, T.:
    "Recent advancements in cloning by somatic cell nuclear transfer."
    Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci 368, 20110329 (2013).
  6. Morimoto, H., Iwata, K., Ogonuki, N., Inoue, K., Ogura, A., Kanatsu-Shinohara, M., Morimoto, T., Yabe-Nishimura, C., and Shinohara, T.:
    "ROS are required for mouse spermatogonial stem cell self-renewal."
    Cell Stem Cell 12, 774–786 (2013).
  7. Matoba, S., Inoue, K., Kohda, K., Sugimioto, M., Mizutani, E., Ogonuki, N., Nakamura, T., Abe, K., Nakano, T., Ishino, F., and Ogura, A.:
    "RNAi-mediated knockdown of Xist can rescue the impaired postimplantation development of cloned mouse embryos. "Proc Natl Acad Sci USA 108, 20621-20626 (2011).
  8. Inoue, K., Kohda, T., Sugimoto, M., Sado, T., Ogonuki, N., Matoba, S., Shiura, H., Ikeda, R., Mochida, K., Fujii, T., Sawai, K., Otte, AP., Tian, XC., Yang, X., Ishino, F., Abe, K., and Ogura, A.:
    "Impeding Xist expression from the active X chromosome improves mouse somatic cell nuclear transfer."
    Science 330 496-499 (2010).
  9. Honda, A., Hirose, M., Hara, K., Matoba, S., Inoue, K., Miki, H., Hiura, H., Kanatsu-Shinohara, M., Kanai, Y., Kono, T., Shinohara, T., and Ogura, A.:
    "Isolation, characterization, and in vitro and in vivo differentiation of putative thecal stem cells."
    Proc Natl Acad Sci USA 104, 12389-12394 (2007).
  10. Ogonuki, N., Mochida, K., Miki, H., Inoue, K., Fray, M., Iwaki, T., Moriwaki, K., Obata, Y., Morozumi, K., Yanagimachi, R., and Ogura, A.:"Spermatozoa and spermatids retrieved from frozen reproductive organs or frozen whole bodies of male mice can produce normal offspring"Proc Natl Acad Sci USA 103, 13098-13103 (2006).

メンバーリスト

主宰者

小倉 淳郎
室長

メンバー

井上 貴美子
専任研究員
持田 慶司
専任技師
越後貫 成美
専任技師
的場 章悟
研究員
上村 悟氏
特別研究員
本村 香織
大学院生リサーチ・アソシエイト
廣瀬 美智子
テクニカルスタッフⅡ
長谷川 歩未
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1

ogura [at] rtc.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年9月20日: 報道発表資料
哺乳類の受精における精子ゲノム再構築機構を解明
2017年5月12日: 報道発表資料
核移植技術でアレルギーマウス誕生
2017年5月3日: 報道発表資料
小分子RNAの胎盤での役割
2017年2月14日: 報道発表資料
野生マウスをおとなしく
2016年4月: 理研ニュース
PDF(4,232KB)
2015年11月3日: 報道発表資料
哺乳類初期胚で新たな遺伝子発現制御の仕組みを解明