研究紹介

バイオリソース研究センター

微生物材料開発室

室長 大熊 盛也 (Ph.D.)
大熊 盛也 (Ph.D.)

微生物は環境や健康に深く関わっており、ますますその研究の重要性が増してきています。当室はJapan Collection of Microorganisms (JCM) として1981年設立以来、学術・研究の基盤となる微生物材料の収集・保存・品質管理・提供事業を推進してきました。2007年からは文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト「一般微生物」の中核拠点機関として国内外の研究開発の動向を把握しつつ、「環境と健康の研究に資する微生物」に焦点をあてて世界最高水準の微生物リソースを整備して、幅広い分野の研究に貢献することをめざしています。環境や健康の研究に有用な微生物リソースの新規開発・整備をはじめとして、微生物群集の構造と機能や難培養微生物についての研究技術などの先導的な微生物リソース関連技術の開発も進めています。

研究主分野

微生物学

研究関連分野

生物学 & 生化学 / 分子生物 & 遺伝学 / 農学 / 環境 & エコロジー(生態)

研究テーマ

  • 学術研究基盤用微生物の収集・保存・品質管理・提供
  • 環境と健康の研究に資する微生物材料の整備
  • 新規微生物材料の分離と分類、開発
  • 微生物群集や難培養微生物の解析と資源化

主要論文

  1. Yuki, M., Sakamoto, M., Nishimura, Y., and Ohkuma, M.:
    Lactococcus reticulitermitis sp. nov., isolated from the gut of the subterranean termite Reticulitermes speratus
    Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 68: 596-601 (2018)
  2. Noda, S., Shimizu, D., Yuki, M., Kitade, O., and Ohkuma, M.:
    ”Host-symbiont cospeciation of termite-gut cellulolytic protists of the genera Teranympha and Eucomonympha and their Treponema endosymbionts”
    Microbes Environ. 33: 26-33 (2018)
  3. Suzuki, S., Endoh, R., Manabe, R., Ohkuma, M., and Hirakawa, Y.:
    ”Multiple losses of photosynthesis and convergent reductive genome evolution in the colourless green algae Prototheca
    Sci. Rep. 8: 940 (2018)
  4. Sakamoto, M., Iino, T., and Ohkuma, M.:
    Faecalimonas umbilicata gen. nov., sp. nov., isolated from human faeces, and reclassification of Eubacterium contortum, Eubacterium fissicatena and Clostridium oroticum as Faecalicatena contorta gen. nov., comb. nov., Faecalicatena fissicatena comb. nov. and Faecalicatena orotica comb. nov.”
    Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 67: 1219-1227 (2017)
  5. Kuwahara, H., Yuki, M., Izawa, K., Ohkuma, M., and Hongoh, Y.:
    “Genome of ‘Ca. Desulfovibrio trichonymphae’, an H2-oxidizing bacterium in a tripartite symbiotic system within a protist cell in the termite gut.”
    ISME J. 11: 766-776 (2017)
  6. Lee, C. G., Iida, T., Uwagaki, Y., Otani, Y., Nakaho, K., and Ohkuma, M.:
    ”Comparison of prokaryotic and eukaryotic communities in soil samples with and without tomato bacterial wilt collected from different fields”
    Microbes Environ. 32: 376–385 (2017)
  7. Nakazawa, S., Haramiishi, A., Fukuda, K., Kanayama, Y., Watanabe, T., Yuki, M., Ohkuma, M., Takeda, K., Kimbara, K., and Shintani, M.:
    ”Different transferability of incompatibility (Inc) P-7 plasmid pCAR1 and IncP-1 plasmid pBP136 in stirring liquid conditions”
    PLoS ONE 12: e0186248 (2017)
  8. Itoh, T., Onishi, M., Kato, S., Iino, T., Sakamoto, M., Kudo, T., Takashina, T., and Ohkuma, M.:
    Athalassotoga saccharophila gen. nov., sp. nov., isolated from an acidic terrestrial hot spring, and proposal of Mesoaciditogales ord. nov. and Mesoaciditogaceae fam. nov. in the phylum Thermotogae
    Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 66: 1045-1051 (2016)
  9. Sriswasdi, S., Takashima, M., Manabe, R., Ohkuma, M., Sugita, T., and Iwasaki, W.:
    “Global deceleration of gene evolution following recent genome hybridizations in fungi”
    Genome Res. 26: 1081-1090 (2016)
  10. Ohkuma, M., Noda, S., Hattori, S., Iida, T., Yuki, M., Starns, D., Inoue, J., Darby, A.C., and Hongoh, Y.:
    “Acetogenesis from H2 plus CO2 and nitrogen fixation by an endosymbiotic spirochete of a termite-gut cellulolytic protist”
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 112: 10224-10230 (2015)

メンバーリスト

主宰者

大熊 盛也
室長

メンバー

工藤 卓二
専任研究員
伊藤 隆
専任研究員
飯田 敏也
専任研究員
坂本 光央
専任研究員
飯野 隆夫
専任研究員
大和田 勉
専任技師
遠藤 力也
開発研究員
雪 真弘
開発研究員
加藤 真悟
開発研究員
西村 祐貴
特別研究員
橋本 陽
特別研究員
岡田 元
特別嘱託研究員
押田 祐美
テクニカルスタッフⅡ
鈴 幸二
テクニカルスタッフⅡ

組織

お問い合わせ先

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1

mohkuma [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2018年4月: 理研ニュース
PDF(3,771KB)
2016年3月1日: 報道発表資料
酵母・カビの設計図の概要が多数明らかに