研究紹介

脳科学総合研究センター (BSI)

利根川 進 (Ph.D.)
センター長
利根川 進
(Ph.D.)
1997年10月に設立された当センターは、国内外から結集した優れた研究者により総合的な研究を展開し、設立以来、世界有数の脳科学研究拠点として国際的な認知を得ています。
脳内の分子構造から神経回路、認知・記憶・学習の仕組み、健康と疾患等までを研究対象とし、工学や計算理論、心理学までも含めた多彩な学問分野を背景にして、学際的かつ融合的な研究を目指しています。近年では、分子や細胞といった微視的レベルを扱う神経生物学と、認知や計算論のような巨視的レベルとをつなぐものとして神経回路研究に焦点を当てています。
また、脳研究の進展に必要不可欠である基盤技術でも革新的手法の採用や新技術開発を行い、広範囲にわたる神経科学の重要研究に取り組んでいます。

組織

組織図PDF(484KB)

  • 認知行動連携研究チーム
    岡ノ谷 一夫 (Ph.D.)
  • 理研BSI-花王連携センター
    岡本 仁 (M.D., Ph.D.)