研究紹介

脳科学総合研究センター

行動神経生理学研究チーム

チームリーダー 村山 正宜 (Ph.D.)
村山 正宜 (Ph.D.)

動物の行動は、神経細胞が外部からの感覚情報や脳の内在情報を処理した結果として実現されると考えられています。しかし、行動のための神経情報処理メカニズムの詳細は不明のままです。そこで当研究チームは行動の脳内神経基盤の解明を目指します。この目的のために、私たちは動物を生きたままの状態で、主に大脳皮質感覚野、運動野と前頭前皮質から単一神経細胞レベル、局所回路レベル、ネットワークレベルで神経活動を観察します。研究には複合的な手法を用います。具体的には従来の電気的記録法と、2光子イメージング法、光ファイバイメージング法やマクロブレインイメージング法などを組み合わせます。さらに行動と神経活動の因果関係を調べるため、脳局所刺激法、薬物投与やオプトジェネティクス法を用います。また必要に応じて新しい技術や装置の開発にも力を注ぎます。

研究主分野

神経科学 & 行動科学

研究テーマ

  • 樹状突起によるフィードバック情報とフィードフォワード情報の統合様式の解明
  • 局所神経回路による情報処理様式の解明
  • 動物行動と神経ネットワーク活動との因果関係の解明
  • 新規デバイスの開発

主要論文

  1. Miyamoto D, Hirai D, Fung CC, Inutsuka A, Odagawa M, Suzuki T, Boehringer R, Adaikkan C, Matsubara C, Matsuki N, Fukai T, McHugh TJ, Yamanaka A, Murayama M.:
    "Top-down cortical input during NREM sleep consolidates perceptual memory"
    Science, 352(6291):1315-8. (2016).
  2. Hirasawa N., Yamada K., and Murayama M.:
    "Brief hind paw stimulation is sufficient to induce delayed somatosensory discrimination learning in C57BL/6 mice."
    Behavioural Brain Research, Volume 301, 15 March 2016, Pages 102–109
  3. Suzuki T., and Murayama M.:
    "Craniotomy for cortical voltage-sensitive dye imaging in mice"
    Bio-protocol, Vol 6, Iss 3, Feb 05, 2016
  4. Miyamoto D, Murayama M.:
    "The fiber-optic imaging and manipulation of neural activity during animal behavior."
    Neurosci Res. 2015 Sep 30. pii: S0168-0102(15)00228-X.
  5. Manita S, Suzuki T, Homma C, Matsumoto T, Odagawa M, Yamada K, Ota K, Matsubara C, Inutsuka A, Sato M, Ohkura M, Yamanaka A, Yanagawa Y, Nakai J, Hayashi Y, Larkum ME, Murayama M.:
    "A Top-Down Cortical Circuit for Accurate Sensory Perception."
    Neuron. 2015 Jun 3;86(5):1304-16.
  6. Takekawa T, Ota K, Murayama M, Fukai T.:
    "Spike detection from noisy neural data in linear-probe recordings."
    Eur J Neurosci. 2014 Jun;39(11):1943-50.
  7. Lucy M.Palmer, Masanori Murayama, Matthew E. Larkum.:
    "Inhibitory Regulation of Dendritic Activity in vivo."
    Front Neural Circuits. 2012;6:26, 2012
  8. Lucy M.Palmer, Jan M.Schulz, Sean C.Murphy, Debora Ledergerber, Masanori Murayama, Matthew E. Larkum.:
    "The Cellular Basis of GABAb-Mediated Interhemispheric Inhibition"
    Science 24;335(6071):989-93, 2012
  9. Masanori Murayama and Matthew Larkum.:
    "Fiber-Optic Calcium Monitoring of Dendritic Activity In Vivo"
    Cold Spring Harbor Protocols 1;2012(2):218-25, 2012
  10. H. Lütcke*, M. Murayama*, T. Hahn, D.J. Margolis, S. Astori, S.M.A. Borgloh, W. Göbel, Y. Yang, W. Tang, S.: Kügler, R. Sprengel, T. Nagai, A. Miyawaki, M.E. Larkum, F. Helmchen, M.T. Hasan (* Equal contribution).:
    "Optical recording of neuronal activity with a genetically-encoded calcium indicator in anesthetized and freely moving mice"
    Frontiers in Neural Circuits, 4;9

メンバーリスト

主宰者

村山 正宜
チームリーダー

メンバー

鈴木 崇之
研究員
太田 桂輔
訪問研究員
平井 大地
リサーチアソシエイト
厚美 佑輔
大学院生リサーチ・アソシエイト
小田川 摩耶
テクニカルスタッフⅠ
本間 千尋
テクニカルスタッフⅠ
松原 智恵
テクニカルスタッフⅠ
遠藤 利奈子
テクニカルスタッフⅡ
鈴木 満美
アシスタント

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号

masa_murayama [at] brain.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

最新の研究成果

2016年5月27日: 報道発表資料
睡眠不足でも脳への刺激で記憶力がアップ
2015年9月: 理研ニュース
PDF(5,391KB)
2015年5月22日: 報道発表資料
“感じる脳”のメカニズムを解明