研究紹介

脳科学総合研究センター

神経グリア回路研究チーム

チームリーダー 平瀬 肇 (Ph.D.)
平瀬 肇 (Ph.D.)

脳の神経回路を研究するにあたり、従来ではスライス標本で実験されてきましたが、当研究チームでは動物を生きたままの状態イン・ビボ (in vivo)の状態で神経細胞及びグリア細胞から生理的信号を記録・解析していきます。この手法の利点は、神経細胞間のネットワークが損なわれることがないので、神経細胞群の集団的活動および自発発火が観測できることです。電気生理的な手法と二光子励起イメージングを組み合わせ、ネットワークレベルでの大脳皮質の神経ダイナミクスを課題としています。

研究テーマ

  • 神経細胞-グリア細胞間の相互作用
  • 経験による神経グリア回路の再編

主要論文

  1. Takata N, Nagai T, Ozawa K, Oe Y, Mikoshiba K, Hirase H.:
    "Cerebral blood flow modulation by Basal forebrain or whisker stimulation can occur independently of large cytosolic Ca2+ signaling in astrocytes"
    PLoS One, 6:e66525 (2013)
  2. Shinohara Y, Hosoya A, Hirase H.:
    "Experience enhances gamma oscillations and interhemispheric asymmetry in the hippocampus"
    Nature Communications 4:1652 (2013)
  3. Takata N, Mishima T, Hisatsune C, Nagai T, Ebisui E, Mikoshiba K, Hirase H
    Astrocyte calcium signaling transforms cholinergic modulation to cortical plasticity in vivo
    Journal of Neuroscience, Vol 31, pp 18155-18165 (2011)
  4. Mishima T, Hirase H.:
    "In vivo intracellular recording suggests that gray matter astrocytes in mature cerebral cortex and hippocampus are electrophysiologically homogeneous"
    Journal of Neuroscience, Vol 30, pp 3093-3100 (2010)
  5. Sakatani S, Seto-Ohshima A, Shinohara Y, Yamamoto Y, Yamamoto H, Itohara S, Hirase H.:
    "Neural-activity-dependent release of S100B from astrocytes enhances kainate-induced gamma oscillations in vivo"
    Journal of Neuroscience, Vol.28, pp10928-36 (2008)
  6. Gulyas AI, Buzsaki G, Freund TF, Hirase H.:
    "Populations of hippocampal inhibitory neurons express different levels of cytochrome c"
    European Journal of Neuroscience Vol.23, pp2581-2594 (2006)

メンバーリスト

主宰者

平瀬 肇
チームリーダー

メンバー

岩井 陽一
研究員
三嶋 恒子
研究員
篠原 良章
研究員
大江 祐樹
研究員
毛内 拡
研究員
佐藤 駿介
大学院生リサーチ・アソシエイト
小澤 克也
テクニカルスタッフⅠ
矢作 和子
テクニカルスタッフⅠ
永井 てるみ
テクニカルスタッフⅡ
WANG Xiaowen
テクニカルスタッフⅡ