研究紹介

バトンゾーン研究推進プログラム

植物新育種技術研究チーム

チームリーダー 加藤 紀夫 (D.Agr.)
副チームリーダー 松井 南 (D.Sci.)
加藤 紀夫 (D.Agr.) 松井 南

気候変動と食糧需要の高まりに対応するため、従来の方法に比べ、より迅速で正確性が高く、社会的受容性の高い育種技術の開発が求められています。これまで行ってきた3年間の融合的連携研究により、植物の受精卵を対象としたゲノム編集技術の開発に、世界に先駆け成功しました。この方法によれば、外来DNAを用いずに遺伝情報を育種上適した内容に変更することができ、多様な作物種での育種への展開が期待されています。本研究チームでは、イネで開発したこの技術をトウモロコシ、コムギへ適応拡大し、実用化につなげることを目指していきます。

[連携先:日本たばこ産業株式会社]

研究主分野

農学

研究関連分野

生物学 / 農学

生産環境農学

キーワード

  • ゲノム編集
  • 植物受精卵
  • 細胞培養
  • 遺伝子発現調節

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Toda, E. N. Koiso, A. Takebayashi, M. Ichikawa, T. Kiba, K. Osakabe, Y. Osakabe, H. Sakakibara, N. Kato, T.. Okamoto.:
    "An efficient DNA- and selectable-marker-free genome-editing system using zygotes in rice"
    Nature Plants (in Press) DOI: 10.1038/s41477-019-0386-z
  2. Maryenti, T, N. Kato, M. Ichikawa, Takashi Okamoto.:
    Establishment of an in vitro fertilization system in wheat (Triticum aestivum L.)
    Plant Cell Physiol. (in Press)
  3. Koiso, N., E. Toda, M. Ichikawa, N. Kato and Takashi Okamoto.:
    "Development of gene expression system in egg cells and zygotes isolated from rice and maize."
    Plant Direct 2017: p. 1-10.
  4. *Komori, T., T. Imayama, N. Kato, Y. Ishida, J. Ueki, and T. Komari.:
    Current status of binary vectors and superbinary vectors.
    Plant Physiol, 2007. 145(4): p. 1155-60.
  5. *Sato, S., N. Katoh, S. Iwai and M. Hagimori.:
    "Frequency of spontaneous polyploidization of embryos regenerated from cultured anthers or microspores of Brassica rapa var. pekinensis L. and B. oleracea var. capitata L."
    Breeding Science 2005. 55: p. 99-102.
  6. *Katoh, N., M. Yui, S. Sato, T. Shirai, H. Yuasa, and M. Hagimori.:
    "Production of virus-free plants from virus-infected sweet pepper by in vitro grafting."
    Scientia Horticulturae, 2004. 100: p. 1-6.
  7. *Katoh, N., K. Tokuhiro, T. Nakabayashi, H. Yoshida, and M. Hagimori.:
    "Breeding of Red-flowering Delphiniums using Interspecific Hybrids Produced by in Vitro Germination."
    Breeding Science, 2004. 54: p. 99-103.
  8. *Katoh, N., H. Lorz, and E. Kranz.:
    "Isolation of viable egg cells of rape (Brassica napus L.)."
    Zygote, 1997. 5(1): p. 31-33.

メンバーリスト

主宰者

加藤 紀夫
チームリーダー

メンバー

松井 南
副チームリーダー
榊原 均
客員主管研究員
木羽 隆敏
客員主管研究員
刑部 祐里子
客員主管研究員
岡本 龍史
客員主管研究員
栗山 朋子
テクニカルスタッフⅠ
萬年 景子
テクニカルスタッフⅠ
井出 紋
研究パートタイマーⅡ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-9576
Fax: 045-503-9609

norio.kato [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

最新の研究成果

2019年3月26日: 報道発表資料
植物受精卵でのゲノム編集に成功