研究紹介

多細胞システム形成研究センター

高次構造形成研究チーム

チームリーダー 竹市 雅俊 (Ph.D.)
竹市 雅俊 (Ph.D.)

複雑な多細胞組織の形成機構について、細胞の接着・運動・極性形成、神経組織形成などの問題に焦点を当て、メカニズムを研究しています。とくに、カドヘリン接着分子群、微小管制御因子CAMSAP(Nezha)の役割に注目しています。そして、これらの研究の成果が、がんの浸潤・転移等の医学的問題の解決に役立つことを期待しています。

研究主分野

生物学

キーワード

  • 細胞接着
  • 組織形成
  • がん転移
  • カドヘリン
  • カテニン

主要論文

  1. Nishimura, T., Ito, S., Saito, H., Hiver, S., Ikenouchi, I., and Takeichi, M.
    "DAAM1 stabilizes epithelial junctions by restraining WAVE complex-dependent lateral membrane motility."
    J. Cell Biol. 215.559-573 (2016)
  2. Toya, M., Kobayashi, S., Kawasaki, M., Shioi, G., Kanano, M., Ishiuchi, T., Misaki, K., Meng, W., and Takeichi, M.
    "CAMSAP3 orients the apical-to-basal polarity of microtubule arrays in epithelial cells."
    Proc Natl Acad Sci USA 113.332-337 (2016)
  3. Tsukasaki, Y.., Miyazaki, N., Matsumoto, A., Nagae, S., Yonemura, S., Tanoue, T., Iwasaki, K., and Takeichi, M.
    "Giant cadherins Fat and Dachsous self-bend to organize properly spaced intercellular junctions."
    Proc Natl Acad Sci USA 111.1601-6 (2014)
  4. Hayashi, S., Inoue, Y., Kiyonari, H., Abe, T., Misaki, M., Moriguchi, M., Tanaka, Y., and Takeichi, M.
    "Protocadherin-17 mediates collective axon extension by recruiting actin regulator complexes to interaxonal contacts."
    Dev Cell 30.673-87 (2014)
  5. Takeichi, M.
    "Dynamic contacts: rearranging adherens junctions to drive epithelial remodelling."
    Nat Rev Mol Cell Biol 15.397-410 (2014)
  6. Tanaka, N., Meng, W., Nagae, S., and Takeichi, M.
    "Nezha/CAMSAP3 and CAMSAP2 cooperate in epithelial-specific organization of noncentrosomal microtubules."
    Proc Natl Acad Sci USA 109.20029-34 (2012)
  7. Nishimura, T., Honda, H., and Takeichi, M.
    "Planar cell polarity links axes of spatial dynamics in neural-tube closure."
    Cell 149.1084-97 (2012)

メンバーリスト

主宰者

竹市 雅俊
チームリーダー

メンバー

伊藤 祥子
研究員
木村 俊哉
研究員
川﨑 美和
テクニカルスタッフⅡ
斉藤 弘子
テクニカルスタッフⅡ
HIVER Sylvain Jean Victor
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3
理研CDB 研究棟A 3階

takeichi [at] cdb.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年12月6日: 報道発表資料
がん細胞の接着を回復させる機構
2016年1月19日: 報道発表資料
上皮細胞の微小管配向の謎を解明

イベント・シンポジウムなど

刊行物