研究紹介

多細胞システム形成研究センター

器官誘導研究チーム

チームリーダー 辻 孝 (Ph.D.)
辻 孝 (Ph.D.)

器官発生は、初期胚におけるパターン形成により器官形成場が誘導され、場に応じた上皮・間葉相互作用によって器官形成が始まり、器官固有の形態形成を経て、機能的な器官へと発生します。本研究グループは、上皮・間葉相互作用による器官発生における器官誘導や発生、形態形成を統合的に理解し、器官発生・再生原理の解明を目指しています。これまでに上皮性幹細胞と間葉性幹細胞を三次元的に操作する技術を開発し、歯や毛包、外分泌腺の再生器官原基が、生体内で周辺の組織と接続して機能的な器官を再生することを明らかにしてきました。私たちは、初期胚における器官形成場の形成の仕組みを利用して、多能性幹細胞を立体的に自己組織化することによって、器官を誘導するその仕組みを解明すると共に、器官形態形成における個々の細胞の四次元的な細胞動態のイメージングにより、器官形成過程の原理の解明を目指します。また、生体外における立体的な器官の育成技術の開発の開発を進めています。これらの研究開発を応用して、次世代再生医療としての器官再生医療に向けた技術開発を進め、その実現を目指します。

研究主分野

生物学

研究関連分野

複合領域 / 医歯薬学

キーワード

  • 再生医療
  • ヘルスケア
  • 幹細胞生物学
  • 医療機器開発
  • 器官再生

主要論文

  1. Takagi R, et al.:
    "Bioengineering a 3D integumentary organ system from iPS cells using an in vivo transplantation model."
    Sci. Adv. 1;2(4):e1500887 (2016)
  2. Ozone C, et al.:
    "Functional anterior pituitary generated in self-organizing culture of human embryonic stem cells."
    Nat Commun 7.10351 (2016)
  3. Ogawa M, et al.:
    "Functional salivary gland regeneration by transplantation of a bioengineered organ germ."
    Nat Commun 4.2498 (2013)
  4. Hirayama M, et al.:
    "Functional lacrimal gland regeneration by transplantation of a bioengineered organ germ."
    Nat Commun 4.2497 (2013)
  5. Toyoshima K. E, et al.:
    "Fully functional hair follicle regeneration through the rearrangement of stem cells and their niches."
    Nat Commun 3.784 (2012)
  6. Ikeda E, et al.:
    "Fully functional bioengineered tooth replacement as an organ replacement therapy."
    Proc Natl Acad Sci U S A 106.13475-80 (2009)
  7. Nakao K, et al.:
    "The development of a bioengineered organ germ method."
    Nat Methods 4.227-30 (2007)

メンバーリスト

主宰者

辻 孝
チームリーダー

メンバー

森永 千佳子
研究員
石川 潤
研究員
武尾 真
研究員
池田 悦子
研究員
矢島 伸之
研究員
土屋 綾子
テクニカルスタッフⅠ
小西 郁実
テクニカルスタッフⅠ
髙瀬 美樹
テクニカルスタッフⅠ
玉井 祐子
テクニカルスタッフⅠ
伊賀 朋世
テクニカルスタッフⅠ
野間 梓
テクニカルスタッフⅡ
森岡 優貴子
テクニカルスタッフⅡ