研究紹介

創発物性科学研究センター

創発分光学研究ユニット

ユニットリーダー 髙橋 陽太郎 (Ph.D.)
髙橋 陽太郎 (Ph.D.)

光学現象は物質の性質の理解に重要な役割を果たしますが、巧みな物性操作により新しい光学現象の開拓も可能となります。当ユニットでは最先端のレーザー分光技術を駆使した、強相関電子系を対象とした研究を行っています。例えば、(1)物質中での磁性と誘電性の強い結合により現れる新しい光学現象の探索、(2)光による磁性や誘電性の制御、(3)強相関伝導電子の動的性質の解明に取り組んでおり、動的な性質を中心とした強相関電子系の学理の構築と、新しい光機能性の開拓を目指した研究を行っています。

研究主分野

物理学

研究関連分野

工学

研究テーマ

  • エレクトロマグノンにおける新奇光学応答
  • マルチフェロイック中の超高速スピンダイナミクス
  • 強相関電子系のテラヘルツ分光

主要論文

  1. Takahashi, Y., Chakraverty, S., Kawasaki, M., Hwang, H. Y., and Tokura, Y.:
    "In-plane terahertz response of thin film Sr2RuO4"
    Phys. Rev. B89, 165116 (2014).
  2. Ueda, K., Fujioka, J., Takahashi, Y., Suzuki, T., Ishiwata, S., Taguchi, Y., Kawasaki, M. and Tokura, Y.:
    "Anomalous domain-wall conductance in Pyrochlore-type Nd2Ir2O7 on the verge of metal-insulator transition"
    Phys. Rev. B89, 075127 (2014).
  3. Takahashi, Y., Yamasaki, Y., and Tokura, Y.:
    "Terahertz Magnetoelectric Resonance Enhanced by Mutual Coupling of Electromagnons"
    Phys. Rev. Lett.111.037204 (2013).
  4. Ueda, K., Fujioka, J., Takahashi, Y., Suzuki, T., Ishiwata, S., Taguchi, Y., and Tokura, Y.:
    "Variation of Charge Dynamics in the Course of Metal-Insulator Transition for Pyrochlore-Type Nd2Ir2O7"
    Phys. Rev. Lett.109.136402 (2012).
  5. Takahashi, Y., Shimano, R., Kaneko, Y., Murakawa, H., and Tokura, Y.:
    "Magnetoelectric resonance with electromagnon in a perovskite helimagnet"
    Nature Physics 8, 121-125 (2012).

お問い合わせ先

〒113-8656
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院工学系研究科附属
量子相エレクトロニクス研究センター

youtarou.takahashi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

最新の研究成果