研究紹介

創発物性科学研究センター

計算量子物性研究チーム

チームリーダー 柚木 清司 (D.Eng.)
柚木 清司 (D.Eng.)

物質の性質の違いは、物質中の電子の振る舞いの違いによって現れます。本研究チームでは、固体物質中で起こる様々な量子現象を、最新の計算物理学的手法を駆使して理論的に解明することを目指します。物質中の電子は、他の電子とクーロン相互作用、原子核と電子—格子相互作用、自身の自転によるスピン−軌道相互作用の影響を受けて運動しています。本研究チームは、特に、物質中でこれらの相互作用の協調により創発される量子物性を明らかにします。

研究主分野

物理学

研究関連分野

材料科学

研究テーマ

  • 遷移金属酸化物の電子状態と磁気構造
  • 人工格子やヘテロ構造体などのナノ複合系の電子状態と量子輸送現象
  • 磁性と超伝導が関わる量子創発現象

主要論文

  1. A. Annadi, Q. Zhang, X. Renshaw Wang, N. Tuzla, K. Gopinadhan, W. M. Lu, A. Roy Barman, Z. Q. Liu, A. Srivastava, S. Saha, Y. L. Zhao, S. W. Zeng, S. Dhar, E. Olsson, B. Gu, S. Yunoki, S. Maekawa, H. Hilgenkamp, T. Venkatesan, and A. Ariando
    "Anisotropic two-dimensional electron gas at the LaAlO3/SrTiO3 (110) interface"
    Nature Communications 4, 1838/1-7 (2013)
  2. H. Watanabe, T. Shirakawa, and S. Yunoki
    "Monte Carlo study of an unconventional superconducting phase in iridium oxide Jeff = 1/2 Mott insulators induced by carrier doping"
    Phys. Rev. Lett. 110, 027002/1-5 (2013)
  3. Q. Zhang, S. Dong, B. Wang, and S. Yunoki
    "Strain-engineered magnetic order in (LaMnO3)n/(SrMnO3)2n superlattices"
    Phys. Rev. B 86, 094403/1-7 (2012)
  4. S. Dong, Q. Zhang, S. Yunoki, J.-M. Liu, and E. Dagotto
    "Magnetic and orbital order in (RMnO3)n/(AMnO3)2n superlattices studied via a double-exchange model with strain"
    Phys. Rev. B 86, 205121/1-10 (2012)
  5. S. Dong, Q. Zhang, S. Yunoki, J.-M. Liu, and E. Dagotto
    "Ab initio study of the intrinsic exchange bias at the SrRuO3/SrMnO3 interface"
    Phys. Rev. B 84, 224437/1-6 (2011)
  6. Q. Zhang, S. Hikino, and S. Yunoki
    "First-principles study of the spin-mixing conductance in Pt/Ni81Fe19 junctions"
    Appl. Phys. Lett. 99, 172105/1-3 (2011)

メンバーリスト

主宰者

柚木 清司
チームリーダー

メンバー

白川 知功
研究員
野田 数人
訪問研究員