研究紹介

創発物性科学研究センター

創発物性計測研究チーム

チームリーダー 花栗 哲郎 (D.Eng.)
花栗 哲郎 (D.Eng.)

当チームでは、高温超伝導やトポロジカル量子現象といった固体内の電子多体系が示す創発現象の背景にある電子状態の実験的解明を行っています。主に用いる実験装置は、極低温、強磁場、超高真空の多重極限環境で動作する走査型トンネル顕微鏡です。現代の走査型トンネル顕微鏡技術を用いると、原子レベルの空間分解能とマイクロ電子ボルトに及ぶ高いエネルギー分解能で、電子状態に関する膨大な情報を含んだ「電子状態の地図」を作ることが可能となります。我々は、様々な物質の電子状態の地図を解析し、物質機能と電子状態の関係を明らかにしています。また、走査型トンネル顕微鏡技術の高度化、高機能化に関する研究を行う他、未知の創発現象の発見を目指した全く新しい物性計測手法の開発を目指しています。

研究主分野

数物系科学

研究関連分野

総合理工

キーワード

  • 超伝導
  • トポロジカル量子現象
  • 走査型プローブ顕微鏡

主要論文

  1. Kohsaka, Y., Machida, T., Iwaya, K., Kanou, M., Hanaguri, T., and Sasagawa, T.:
    "Spin-orbit scattering visualized in quasiparticle interference"
    Phys. Rev. B 95, 115307 (2017)
  2. Machida, T., Kohsaka, Y., Matsuoka, K., Iwaya, K., Hanaguri, T., and Tamegai, T.:
    "Bipartite electronic superstructures in the vortex core of Bi2Sr2CaCu2O8+δ"
    Nature Commun. 7, 11747 (2016)
  3. Fu, Y.-S., Hanaguri, T., Igarashi, K., Kawamura, M., Bahramy, M. S., and Sasagawa,T.:
    "Observation of Zeeman effect in topological surface state with distinct material dependence"
    Nature Commun. 7, 10829 (2016)
  4. Watashige, T., Tsutsumi, Y., Hanaguri, T., Kohsaka, Y., Kasahara, S., Furusaki, A., Sigrist, M., Meingast, C., Wolf, T., Löhneysen, H. v., Shibauchi, T., and Matsuda, Y.:
    "Evidence for Time-Reversal Symmetry Breaking of the Superconducting State near Twin-Boundary Interfaces in FeSe Revealed by Scanning Tunneling Spectroscopy"
    Phys. Rev. X 5, 031022 (2015)
  5. Kohsaka, Y., Kanou, M., Takagi, H., Hanaguri, T. and Sasagawa, T.:
    "Imaging ambipolar two-dimensional carriers induced by the spontaneous electric polarization of a polar semiconductor BiTeI"
    Phys. Rev. B 91, 245312 (2015)
  6. Kasahara, S., Watashige, T., Hanaguri, T., Kohsaka, Y., Yamashita, T., Shimoyama, Y., Mizukami, Y., Endo, R., Ikeda, H., Aoyama, K., Terashima, T., Uji, S., Wolf, T., Löhneysen, H. v., Shibauchi, T., and Matsuda, Y.:
    "Field induced superconducting phase of FeSe in the BCS-BEC crossover"
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 111, 16309-16313 (2014)
  7. Fu, Y.-S., Kawamura, M., Igarashi, K., Takagi, H., Hanaguri, T. and Sasagawa,T.:
    "Imaging the two-component nature of Dirac–Landau levels in the topological surface state of Bi2Se3"
    Nature Physics 10, 815–819 (2014).
  8. Okazaki, K., Ito, Y., Ota, Y., Kotani, Y., Shimojima, T., Kiss, T., Watanabe, S., Chen, C.-T., Niitaka, S., and Hanaguri, T.:
    "Superconductivity in an electron band just above the Fermi level: possible route to BCS-BEC superconductivity"
    Scientific Reports 4, 4109 (2014)
  9. Fu, Y.-S., Hanaguri, T., Yamamoto, S., Igarashi, K., Takagi, H., and Sasagawa, T.:
    "Memory effect in a topological surface state of Bi2Te2Se"
    ACS Nano 7, 4105-4110 (2013)
  10. Okazaki, K., Ito, Y., Ota, Y., Kotani, Y., Shimojima, T., Kiss, T., Watanabe, S., Chen, C.-T., Niitaka, S., and Hanaguri, T.:
    "Evidence for a cos(4φ) Modulation of the Superconducting Energy Gap of Optimally Doped FeTe0.6Se0.4 Single Crystals Using Laser Angle-Resolved Photoemission Spectroscopy"
    Phys. Rev. Lett. 109, 237011 (2012)

メンバーリスト

主宰者

花栗 哲郎
チームリーダー

メンバー

岩谷 克也
上級研究員
幸坂 祐生
上級研究員
町田 理
特別研究員
綿重 達哉
研修生
松岡 賢佑
研修生

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
物質科学研究棟 S406室

hanaguri [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年10月17日: 報道発表資料
スピンが偏った超伝導状態の検証に成功
2017年1月: 理研ニュース
PDF(5,478KB)
2016年5月27日: 報道発表資料
高温超伝導体の2つの顔
2016年2月24日: 報道発表資料
質量のないディラック電子の磁気モーメントを精密測定