研究紹介

創発物性科学研究センター

強相関物質研究チーム

チームリーダー 田口 康二郎 (D.Eng.)
田口 康二郎 (D.Eng.)

当チームでは、遷移金属酸化物を中心とする強相関電子系において、交差相関応答の巨大化と、新物質開拓を目指して研究を行っています。具体的には、マルチフェロイクス物質、熱電物質、磁気熱量物質などを対象とし、高圧合成法など様々な合成法を用いてバルク試料を合成し、これらの新物質探索を行っています。自明でない長周期スピン構造を生じる物質の探索と、そのスピン構造と電荷ダイナミクスの相関についても研究しています。

研究主分野

物理学

研究関連分野

材料科学

研究テーマ

  • 巨大電気磁気応答の探索と交差制御
  • 非自明なスピン構造中における磁気輸送現象
  • 新規熱電・磁気熱量材料探索

主要論文

  1. Tokunaga, Y., Yu, X.Z., White, J.S., Ronnow, H. M., Morikawa, D., Taguchi, Y., and Tokura Y.:
    "A new class of chiral materials hosting magnetic skyrmions beyond room temperature"
    Nature Communications 6, 7638 (2015)
  2. Kriener, M., Kikkawa, A., Suzuki, T., Akashi, R., Arita, R., Tokura, Y. and Taguchi, Y.:
    "Modification of the electronic structure and thermoelectric properties of hole-doped tungsten dichalcogenides"
    Phys. Rev. B 91, 075205 (2015)
  3. Tokunaga, Y., Taguchi, Y., Arima, T., and Tokura, Y.:
    "Magnetic biasing of a ferroelectric hysteresis loop in a multiferroic orthoferrite"
    Phys. Rev. Lett. 112, 037203 (2014)
  4. Choudhury, D., Suzuki, T., Tokura, Y., and Taguchi, Y.:
    "Tuning structural instability toward enhanced magnetocaloric effect around room temperature in MnCo1-xZnxGe"
    Scientific Reports 4, 7544-1 — 7544-6, (2014)
  5. Tokunaga, Y., Taguchi, Y., Arima, T., and Tokura, Y.:
    "Electric field induced generation and reversal of ferromagnetic moment in ferrites"
    Nature Physics 8, 838-844 (2012)
  6. Sakai, H., Fujioka, J., Fukuda, T., Okuyama, D., Hashizume, D., Kagawa, F., Nakao, H., Murakami, Y., Arima, T., Baron, A. Q. R.、Taguchi, Y., and Tokura, Y.:
    "Displacement-Type Ferroelectricity with Off-Center Magnetic Ions in Perovskite Sr1-xBaxMnO3"
    Phys. Rev. Lett. 107, 137601 (2011).
  7. Ishiwata, S., Tokunaga, M., Kaneko, Y., Okuyama, D., Tokunaga, Y., Wakimoto, S., Kakurai, K., Arima, T., Taguchi, Y., and Tokura, Y.:
    "Versatile helimagnetic phases under magnetic fields in cubic perovskite SrFeO3"
    Phys. Rev. B 84, 054427 (2011)
  8. Suzuki, T., Bahramy, M. S., Arita, R., Taguchi, Y., and Tokura, Y.:
    "Doping control and thermoelectric properties of R1-xAxZnSbO(R=La, Ce; A=Ca, Sr)"
    Physical Review B 83, 035204 (2011).
  9. Tokunaga, Y., Kaneko, Y., Okuyama, D., Ishiwata, S., Arima, T., Wakimoto, S., Kakurai, K., Taguchi,Y., and Tokura, Y.:
    "Multiferroic M-type hexaferrites with a room-temperature conical state and magnetically controllable spin helicity"
    Phys. Rev. Lett.105, 257201 (2010).
  10. Tokunaga, Y., Furukawa, N., Sakai, H., Taguchi, Y., Arima, T., and Tokura, Y.:
    "Composite domain walls in a multiferroic perovskite ferrite"
    Nature Materials 8, 558-562 (2009).

メンバーリスト

主宰者

田口 康二郎
チームリーダー

メンバー

KRIENER Markus Wilhelm Bernhard
研究員
吉川 明子
技師
軽部 皓介
特別研究員
KOCSIS Vilmos
特別研究員
島野 哲
客員研究員
髙島 淳矢
客員研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
フロンティア中央研究棟
Tel: 048-467-9612

y-taguchi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2016年9月20日: 報道発表資料
室温スキルミオン格子の構造転移
2015年7月2日: 報道発表資料
室温以上でスキルミオンを生成する新物質を発見