研究紹介

創発物性科学研究センター

強相関スピン研究チーム

チームリーダー 古川 はづき (Ph.D.)
古川 はづき (Ph.D.)

強相関スピン物性研究チームでは、中性子散乱法により強相関電子系の磁性・構造の静的・動的振る舞いを観測、物性特性との関連性を検証し、その制御法と機能強化法の研究を行います。現在は、新奇超伝導体の量子状態とスピン軌道相互作用の役割解明、FFLO相やヘリカル磁束相の検証に取り組んでいます。

研究主分野

数物系科学

研究関連分野

総合理工

キーワード

  • 強相関電子系
  • 超伝導
  • 磁性
  • 中性子散乱

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. *Morisaki-Ishii, R., Kawano-Furukawa, H., Cameron, A. S., Lemberger, L., Blackburn, E., Holmes, A. T., Forgan, E. M., Debeer-Schmitt, L. M., Littrell, K., Nakajima, M., Kihou, K., Lee, C. H., Iyo, A., Eisaki, H., Uchida, S., White, J. S., Dewhurst, C. D., Gavillano, J. L., and Zolliker, M.:
    "Vortex lattice structure in BaFe2(As0.67 P0.33)2 via small-angle neutron scattering"
    Phys. Rev. B, 90, 125116 (2014).
  2. *Eskildsen, M. R., Forgan, E. M., and Kawano-Furukawa, H.:
    "Vortex structures, penetration depth and pairing in iron-based superconductors studied by small neutron scattering"
    Rep. Prog. Phys., 74, 124504 (2011).
  3. *Kawano-Furukawa, H., Bowell, C. J., White, J. S., Heslop, R. W., Cameron, A. S., Forgan, E. M., Kihou, K., Lee, C. H., Iyo, A., Eisaki, H., Saito, T., Fukazawa, H., Kohori, Y., Cubitt, R., Dewhurst, C. D., Gavilano J. L., and Zolliker, M.:
    "Gap in KFe2As2 studied by small-angle neutron scattering observations of the magnetic vortex lattice"
    Phys. Rev. B, 84, 024507 (2011).

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 フロンティア中央研究棟

hazuki.furukawa [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク