研究紹介

創発物性科学研究センター

創発生体工学材料研究チーム

チームリーダー 伊藤 嘉浩 (D.Eng.)
伊藤 嘉浩 (D.Eng.)

人工素子・材料と、生体成分からなる素子とを様々に複合化して環境調和型超高能率エネルギー収集・変換のための創発材料の研究を行います。有機合成化学、高分子化学、分子生物学からの複合技術によって、新しい生体素子と人工素子の創成、複合化およびそれらの界面の研究を介して超高能率エネルギー変換デバイスを実現することを目指します。

研究主分野

材料科学

研究関連分野

工学 / 化学 / 生物学 & 生化学 / 学際研究

研究テーマ

  • ナノバイオ複合材料
  • 環境調和型創発材料
  • エネルギー収集・変換創発材料

主要論文

  1. Zang, Q., Tada, S., Uzawa, T., Kiga, D., Yamamura, M. and Ito, Y.:
    "Two site genetic incorporation of varying length polyethylene glycol into the backbone of one peptide"
    Chem. Commun., 51, 14385-14388 (2015)
  2. Zhou, Y., Mao, H., Joddar, B., Umeki, N., Yasushi Sako, Y., Wada, K., Nishioka, C., Takahashi, E., Wang, Y. and Ito Y.:
    "The significance of membrane fluidity of feeder cell-derived substrates for maintenance of iPS cell stemness"
    Sci. Rep., 5, 11386 (2015)
  3. Li, Z., Kameda, T., Isoshima, T., Kobatake, E., Tanaka, T., Ito, Y. and Kawamoto, M.:
    "Solubilization of Single-Walled Carbon Nanotubes using a Peptide Aptamer in Water below Critical Micelle Concentration"
    Langmuir, 31, 3482-3488 (2015)
  4. Seo, S., Onizuka, K., Nishioka, C., Takahashi, E., Tsuneda, S., Abe, H. and Ito, Y.:
    "Phosphorylated 5-ethynyl-2’-deoxyuridine for advanced DNA labeling"
    Org. Biomol. Chem., 13, 4589-4595 (2015)
  5. Joddar, B., Nishioka, C., Takahashi, E.,and Ito, Y.:
    "Chemically fixed autologous feeder cell-derived niche for human induced pluripotent stem cell culture"
    J. Mater. Chem. B, 3, 2301-2307, (2015)
  6. Manandhar, Y., Tara B.K.C., Wang, W., Uzawa, T., Aigaki, T. and Ito, Y.:
    "In vitro selection of a peptide aptamer that changes fluorescence in response to verotoxin"
    Biotechnol. Lett., 37(3), 619-625 (2015)
  7. Tada, S., Zang, Q., Wang, W., Kawamoto, M., Liu, M., Iwashita, M., Uzawa, T., Kiga, D., Yamamura, M. and Ito, Y.:
    "In vitro selection of a photoresponsive peptide aptamer to glutathione-immobilized microbeads"
    J. Biosci. Bioeng., 119, 137-139 (2015)
  8. Zhou, X., Park, S.-H., Mao, H., Isoshima, T., Wang, Y., and Ito, Y.:
    "Nanolayer formation on titanium by phosphonated gelatin for cell adhesion and growth enhancement"
    Int. J. Nanomed., 10, 5597-5607 (2015)
  9. Zhu, L., Wang, W., Zhao, H., Xu, M., Tada, S., Uzawa, T., Liu, M. and Ito, Y.:
    "Dual functional peptide carrying in vitro selected catalytic and binding activities"
    Org. Biomol. Chem., 13, 9808 - 9812 (2015)
  10. Abe, N., Matsumoto, K., Nishihara, M., Nakano, Y., Shibata, A., Maruyama, H., Shuto, S., Matsuda, A., Yoshida, M., Ito, Y. and Abe, H.:
    "Circle Translation of Circular RNA in Living Human Cells"
    Sci. Rep., 5, 16435 (2015)

メンバーリスト

主宰者

伊藤 嘉浩
チームリーダー

メンバー

鵜澤 尊規
専任研究員
川本 益揮
専任研究員
多田 誠一
研究員
上田 一樹
研究員
SEO Siyoong
特別研究員
阿部 洋
客員主管研究員
長田 義仁
客員主管研究員
山下 一郎
客員主管研究員
萩原 恭二
客員研究員
YU Hsiao-hua
客員研究員
WANG Wei
客員研究員
LI Zha
客員研究員
PONNURENGAM Sivakumar Malliappan
客員研究員
ZHOU Di
客員研究員
KC Tara Bahadur
大学院生リサーチ・アソシエイト
HEO Yun
大学院生リサーチ・アソシエイト
SALIKOLIMI Krishnachary
大学院生リサーチ・アソシエイト
HASSAN Fathy
大学院生リサーチ・アソシエイト
RAHMAN Md.Mofizur
大学院生リサーチ・アソシエイト
MUELLER Stefan
実習生
REN Xueli
実習生
皆川 倫子
テクニカルスタッフⅠ
河野 いづみ
テクニカルスタッフⅠ

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
研究交流棟 501号室
Tel: 048-467-5809
Fax: 048-467-9300

y-ito [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2016年7月11日: 報道発表資料
細胞を活性化できるチタン