研究紹介

創発物性科学研究センター

創発生体関連ソフトマター研究チーム

チームリーダー 石田 康博 (D.Eng.)
石田 康博 (D.Eng.)

当チームでは、水を主原料とするプラスチック代替マテリアル「アクアマテリアル」の開発に取り組みます。さらにアクアマテリアルの構成要素や界面を巧みにデザインすることにより「誰もがどこへでも持ち運べる水」ゆえの特徴を活かした新機能を探求します。具体的には、より多様な物質をアクアマテリアルの構成要素として用いることにより、さらなる材料特性の向上を実現し、真の環境無負荷材料としての潜在能力を実証することを目指します。加えて、アクアマテリアルを土台として用い、ここに動的/静的機能が同調する分子集合体を複合化することにより、生体に倣い、なおかつ自在に設計することができる新規なソフトマテリアルを開拓します。

研究主分野

化学

研究関連分野

材料科学

研究テーマ

  • アクアマテリアル:殆どが水よりなるプラスチック代替
  • 異方性ソフトマテリアル:外場により巨視的に配向した生体模倣材料
  • キラル分子フラスコ:液晶を固めて作るテーラメイドの分子認識・反応場

主要論文

  1. Matsui, R., Ohtani, M., Yamada, K., Hikima, T., Takata, M., Nakamura, T., Koshino, H., Ishida, Y., and Aida, T.:
    “Chemically Locked Bicelles with High Thermal and Kinetic Stability”
    Angewandte Chemie International Edition 54, 13284–13288 (2015).
  2. Li, C., Cho, J., Yamada, K., Hashizume, D., Araoka, F., Takezoe, H., Aida, T., and Ishida, Y.:
    “Macroscopic Ordering of Helical Pores for Arraying Guest Molecules Noncentrosymmetrically”
    Nature Communications 2015, 6, 8418.
  3. Kim, Y. S., Liu, M., Ishida, Y., Ebina, Y., Osada, M., Sasaki, T., Hikima, T., Takata, M., and Aida, T.:
    “Thermoresponsive Actuation Enabled by Permittivity Switching in an Electrostatically Anisotropic Hydrogel”
    Nature Materials 14, 1002–1007 (2015).
  4. Liu, M., Ishida, Y., Ebina, Y., Sasaki, T., Hikima, T., Takata, M., and Aida, T.:
    “An Anisotropic Hydrogel with Electrostatic Repulsion between Cofacially Aligned Nanosheets”
    Nature 517, 68–74 (2015).
  5. Wu, L., Ohtani, M., Takata, M., Saeki, A., Seki, S., Ishida, Y., and Aida, T.:
    “Magnetically Induced Anisotropic Orientation of Graphene Oxide Locked by in Situ Hydrogelation”
    ACS Nano 8, 4640–4649 (2014).
  6. Tamesue, S., Ohtani, M., Yamada, K., Ishida, Y., Spruell, J. M., Lynd, N. A., Hawker, C. J., and Aida, T.:
    “Linear versus Dendritic Molecular Binders for Hydrogel Network Formation with Clay Nanosheets: Studies with ABA Triblock Copolyethers Carrying Guanidinium Ion Pendants”
    Journal of the American Chemical Society 135, 15650–15655 (2013).
  7. Liu, M., Ishida, Y., Ebina, Y., Sasaki, T., and Aida, T.:
    “Photolatently Modulable Hydrogels using Unilamellar Titania Nanosheets as Photocatalytic Crosslinkers”
    Nature Communications 4, 2029 (2013).
  8. Maggini, L., Liu, M., Ishida, Y., and Bonifagi, D.:
    “Anisotropically Luminescent Hydrogels Containing Magnetically-aligned MWCNTs-Eu(III) Hybrids”
    Advanced Materials 25, 2462–2467 (2013).
  9. Ishida, Y., Matsuoka, Y., Kai, Y., Yamada, K., Nakagawa, K., Asahi, T., and Saigo, K.:
    “Metastable Liquid Crystal as Time-responsive Reaction Medium: Aging-induced Dual Enantioselective Control”
    Journal of the American Chemical Society 135, 6407–6410 (2013).
  10. Ishida, Y., Achalkumar, A. S., Kato, S., Kai, Y., Hayashi, Y., Misawa, A., Yamada, K., Matsuoka, Y., Shiro, M., and Saigo, K.:
    “Tunable Chiral Reaction Media Based on Two-component Liquid Crystals: Regio-, Diastereo-, and Enantio-controlled Photodimerization of Anthracenecarboxylic Acids”
    Journal of the American Chemical Society 132, 17475-17446 (2010).

メンバーリスト

主宰者

石田 康博
チームリーダー

メンバー

山内 祥弘
特別研究員
内田 紀之
特別研究員
LI Xiaoyu
特別研究員
趙 埈一
客員研究員
SUN Zhifang
大学院生リサーチ・アソシエイト
佐野 航季
研修生
WANG Xiang
研修生
上野 堅登
研修生
五十嵐 尚紀
研修生
山田 邦代
テクニカルスタッフⅠ
堀本 訓子
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
フロンティア材料科学実験棟106号室
Tel: 048-462-1111(内線 6351)
Fax: 048-467-8214

y-ishida [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

その他の関連情報