研究紹介

創発物性科学研究センター

創発ソフトシステム研究チーム

チームリーダー 染谷 隆夫 (Ph.D.)
染谷 隆夫 (Ph.D.)

エレクトロニクスは、Internet of Things (IoT)、人工知能(AI)、ロボットなど高度に発展する情報通信技術(ICT)の基盤を支えることが期待されています。特に、単に演算速度や記憶容量を向上するだけでなく、地球環境やそこで暮らす人類との調和を同時に実現することが求められています。我々は、有機半導体材料など新規なソフト電子材料を創発薄膜素子に応用し、超高効率かつ人間との親和性の高い創発ソフトシステムの実現を目指しています。軽量性・柔らかさ・大面積性に優れる新システムによって、従来の無機半導体と相補的な特徴を生かした応用分野を切り拓きます。

研究主分野

工学

研究関連分野

物理学 / 化学 / 材料科学 / 学際研究

研究テーマ

  • 大面積で超柔軟な創発ソフトデバイスの開発と基礎研究
  • 超高効率かつ人間との親和性の高い創発ソフトシステムの開発
  • 創発ソフトシステムの応用探索

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. *Kaltenbrunner, M., Sekitani, T., Reeder, J., Yokota, T., Kuribara, K., Tokuhara, T., Drack, M., Schwoediauer, R., Graz, I., Bauer-Gogonea, S., Bauer, S., and Someya, T.:
    "An ultra-lightweight design for imperceptible plastic electronics"
    Nature 499, 458–463 (2013).
  2. *Sekitani, T., Noguchi, Y., Hata, K., Fukushima, T., Aida, T., Someya, T.:
    "A Rubberlike Stretchable Active Matrix Using Elastic Conductors"
    Science, Volume 321, 1468–1472 (2008).
  3. *Someya, T., Kato, Y., Sekitani, T., Iba, Y., Noguchi, Y., Murase, Y., Kawaguchi, H., and Sakurai, T.:
    "Conformable, flexible, large-area networks of pressure and thermal sensors with organic transistor active matrixes"
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Volume 102, 12321–12325 (2005).
  4. *Someya, T., Sekitani, T., Iba, S., Kato, Y., Kawaguchi, H., and Sakurai, T.:
    "A large-area, flexible pressure sensor matrix with organic field-effect transistors for artificial skin applications"
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Volume 101, 9966–9970 (2004).

メンバーリスト

主宰者

染谷 隆夫
チームリーダー

メンバー

福田 憲二郎
研究員
PARK Sungjun
特別研究員
XU Xiaomin
特別研究員
木村 博紀
研修生
甚野 裕明
テクニカルスタッフⅡ