研究紹介

主任研究員研究室

眞貝細胞記憶研究室

主任研究員 眞貝 洋一 (Ph.D.)
眞貝 洋一 (Ph.D.)

当研究室は、エピジェネティクス制御の観点から生命現象を理解することを目標に研究を行っています。ヒストンの翻訳後修飾、特にヒストンリジン残基のメチル化制御は遺伝子の発現だけでなくDNAの修復さらにはクロマチンの構造や安定性にも重要な役割を持っています。この分子基盤を明らかにすることから、モデル動物を用いて生体内の様々な生命機能における役割を明らかにし、エピジェネティクス制御不全の視点から健康・疾患を理解しようとしています。また、エピジェネティクス制御機構をコントロールする新たな手法の開発にも取り組んでいます。

研究主分野

生物学

研究関連分野

総合生物

分子生物学

キーワード

  • エピジェネティクス

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Ferry L#. Fournier A#. Tsusaka T#. Adelmant G. Shimazu T. Matano S. Kirsh O. Amouroux R. Dohmae N. Suzuki T. Filion G.J. Deng W. de Dieuleveult M. Lauriane Fritsch L.1, Kudithipudi S. Jeltsch A. Leonhardt H. Hajkova P. Marto J.A. Arita K. Shinkai Y*. and Defossez P-A*.:
    "Methylation of DNA Ligase 1 by G9a/GLP recruits UHRF1 to replicating DNA and regulates DNA methylation"
    Mol Cell, 67(4):550-565.e5. doi: 10.1016/j.molcel.2017.07.012 (2017)
  2. Shirai A#. Kawaguchi T#. Shimojo H. Muramatsu D. Ishida-Yonetani M. Nishimura Y. Kimura H. Nakayama J*. and Shinkai Y*.:
    "Impact of nucleic acid and methylated H3K9 binding activities of Suv39h1 on its heterochromatin assembly"
    Elife. 6. pii: e25317. doi: 10.7554/eLife.25317 (2017)
  3. Shimazu, T., Barjau, J., Sohtome, Y., Sodeoka, M. and Shinkai, Y*.:
    "Selenium-based S-adenosylmethionine analog reveals the mammalian seven-beta-strand methyltransferase METTL10 to be an EF1A1 lysine methyltransferase."
    PLOS ONE, 9:e105394. doi: 10.1371/journal.pone.0105394 (2014)
  4. *Kuroki, S., Matoba, S., Akiyoshi, M., Matsumura, Y., Miyachi, H., Mise, N., Abe, K., Kanai, Y., Ogura, A., Wilhelm, D., Koopman, P., Nozaki, M., Shinkai, Y*. and Tachibana, M*.:
    "Epigenetic regulation of mouse sex determination by the histone demethylase Jmjd1a."
    Science, 341:1106-1109 (2013)
  5. *Deguchi, K., Nagamatsu, G., Miyachi, H., Kato, Y., Morita, S., Kimura, H., Kitano, S., Hatada, I., Saga, Y., Tachibana. M. and Shinkai.Y*.:
    "Posttranscriptional regulation of histone lysine methyltransferase GLP in embryonic male germ cells."
    Biol. Reprod., 88:1-8 (2013)
  6. *Matsui, T., Leung, D., Miyashita, H., Maksakova, I.A., Miyachi, H., Kimura, H., Tachibana, M., Lorincz, M.C*. and Shinkai, Y*.:
    "Proviral silencing in embryonic stem cells requires the histone methyltransferase ESET."
    Nature, 464:927-931 (2010)
  7. *Inagaki, T., Tachibana, M., Magoori, K., Kudo, H., Tanaka, T., Okamura, M., Naito, M., Kodama, T., Shinkai, Y*. and Sakai, Y*.:
    "Obesity and metabolic syndrome in histone demethylase JHDM2a deficient mice."
    Genes to Cells, 14:991-1001 (2009)
  8. *Tachibana M*., Matsumura Y., Fukuda M., Kimura H. and Shinkai Y*.:
    "G9a/GLP complexes independently mediate H3K9 and DNA methylation to silence transcription."
    EMBO J., 27:2681-2690 (2008)
  9. *Tachibana, M., Ueda, J., Fukuda, M., Takeda, N., Ohta, T., Iwanari, H., Sakihama, T., Kodama, T., Hamakubo, T. & Shinkai, Y*.:
    "Histone methyltransferases G9a and GLP form heteromeric complexes and are both crucial for methylation of euchromatin at H3-K9."
    Gene Dev., 19:815-826 (2005)
  10. *Tachibana, M., Sugimoto, K., Nozaki, M., Ueda, J., Ohta, T., Ohki, M., Fukuda, M., Takeda, N., Niida, H., Kato, H. and Shinkai, Y*.:
    "G9a histone methyltransferase plays a dominant role for euchromatic histone H3 lysine 9 methylation and is essential for early embryogenesis."
    Genes and Development, 16:1779-1791 (2002)

メンバーリスト

主宰者

眞貝 洋一
主任研究員

メンバー

島津 忠広
専任研究員
白井 温子
研究員
山田 亜夕美
協力研究員
加藤 雅紀
協力研究員
福田 渓
特別研究員
福田 幹子
特別技術員
津坂 剛史
大学院生リサーチ・アソシエイト
事柴 芳
テクニカルスタッフⅠ
PARK Jieun
研修生
市橋 美香
アシスタント
志村 知古
研究補助パートタイマー
西村 佳也子
研究補助パートタイマー
石井 俊輔
研究員
前川 利男
研究員
品川 敏恵
専任研究員
成 耆鉉
協力研究員
吉田 圭介
協力研究員
LIU Binbin
特別研究員
LIU Yang
研究支援パートタイマー
飯島 由子
テクニカルスタッフⅠ
竹村 めぐみ
テクニカルスタッフⅡ
丸山 裕子
テクニカルスタッフⅡ
LY Nhung
研修生

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 生物科学研究棟

yshinkai [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年12月: 理研ニュース
PDF(4,035KB)
2017年9月20日: 報道発表資料
哺乳類の受精における精子ゲノム再構築機構を解明
2017年8月11日: 報道発表資料
細胞記憶の理解に新たな糸口
2017年8月1日: 報道発表資料
哺乳類高次クロマチンでのRNAの機能を発見

研究年次報告書