研究紹介

主任研究員研究室

吉田化学遺伝学研究室

主任研究員 吉田 稔 (D.Agr.)
吉田 稔 (D.Agr.)

「化学遺伝学」とは古典遺伝学における「変異」を化学物質、特に細胞機能調節物質(バイオプローブ)に置き換え、それによって引き起こされるユニークな表現型を分子のレベルで解明することを目指した新しい分子遺伝学です。バイオプローブを用いた化学遺伝学的アプローチから真核細胞の環境応答、細胞周期制御、分子認識等における新たな知見が次々と得られつつあります。当研究室では、化学遺伝学を基盤にさらに微生物学、化学生物学やプロテオミクスなども駆使してバイオプローブの標的分子の機能解析を行うとともに、特にタンパク質の細胞内局在化機構とその制御、アセチル化、メチル化、ユビキチン化、SUMO化などのタンパク質翻訳後修飾とその相互ネットワークなどに焦点を当てて研究を行っています。究めることの楽しさを味わいながら新しい概念形成を目指した基礎・応用研究を進めていきたいと考えています。

研究主分野

分子生物 & 遺伝学

研究関連分野

化学

研究テーマ

  • アセチル化等タンパク質翻訳後修飾の生体機能に関する研究
  • スプライシングやヒストン修飾によるエピジェネティクス制御に関する研究
  • ミトコンドリア遺伝におけるDNA組換えの機能

主要論文

  1. Sun, X., Hirai, G., Ueki, M., Hirota, H., Wang, Q., Hongo, Y., Nakamura, T., Hitora, Y., Takahashi, H., Sodeoka, M., Osada, H., Hamamoto, M., Yoshida, M., Yashiroda, Y.:
    “Identification of novel secreted fatty acids that regulate nitrogen catabolite repression in fission yeast.”
    Sci. Rep. 6, 20856 (2016).
  2. Vo, T.V., Das, J., Meyer, M.J., Cordero, N.A., Akturk, N., Wei, X., Fair, B.J., Degatano, A.G., Fragoza, R., Liu, L.G., Matsuyama, A., Trickey, M., Horibata, S., Grimson, A., Yamano, H., Yoshida, M., Roth, F.P., Pleiss, J.A., Xia, Y., Yu, H.:
    “A Proteome-wide fission yeast interactome reveals network evolution principles from yeasts to human.”
    Cell 164, 310-323 (2016).
  3. Ito, A., Shimazu, T., Maeda, S., Shah, A.A., Tsunoda, T., Iemura, S., Natsume, T., Suzuki, T., Motohashi, H., Yamamoto, M., Yoshida, M.:
    “The subcellular localization and activity of cortactin is regulated by acetylation and interaction with Keap1.”
    Sci. Signal. 8(404), ra120 (2015).
  4. Ito, T., Umehara, T., Sasaki, K., Nakamura, Y., Nishino, N., Terada, T., Shirouzu, M., Padmanabhan, B., Yokoyama, S., Ito, A., Yoshida, M.:
    "Real-time imaging of histone H4K12-specific acetylation determines the modes of action of histone deacetylase and bromodomain inhibitors."
    Chem. Biol. 18, 495-507 (2011).
  5. Nishimura, S., Arita, Y., Honda, M., Iwamoto, K., Matsuyama, A., Shirai, A., Kawasaki, H., Kakeya, H., Kobayashi, T., Matsunaga, S., and Yoshida, M.:
    "Marine antifungal theonellamides targets 3beta-hydroxysterol to activate Rho1 signaling"
    Nature Chem. Biol. 6, 519-526 (2010).
  6. Sasaki, K., Ito, T., Nishino, N., Khochbin, S., and Yoshida, M.:
    "Real-time imaging of histone H4 hyperacetylation in living cells."
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 106, 16257-16262 (2009).
  7. Schneider-Poetsch, T., Usui, T., Kaida, D., and Yoshida, M.:
    "Garbled messages and corrupted translations."
    Nature Chem. Biol. 6, 189-198 (2010).
  8. Shirai, A., Matsuyama, A., Yashiroda, Y., Hashimoto, A., Kawamura, Y., Arai, R., Komatsu, Y., Horinouchi, S., and Yoshida, M.:
    "Global analysis of gel mobility of proteins and its use in target identification."
    J. Biol. Chem. 283, 10745-10752 (2008).
  9. Kaida, D., Motoyoshi, H., Tashiro, E., Nojima, T., Hagiwara, M., Ishigami, K., Watanabe, H., Kitahara, T., Yoshida, T., Nakajima, H., Tani, T., Horinouchi, S., and Yoshida, M.:
    "Spliceostatin A targets SF3b and inhibits both splicing and nuclear retention of pre-mRNA"
    Nature Chem. Biol. 3, 576-583 (2007).
  10. Matsuyama, A., Arai, R., Yashiroda, Y., Shirai, A., Kamata, A., Sekido, S., Kobayashi, Y., Hashimoto, A., Hamamoto, M., Hiraoka, Y., Horinouchi, S., and Yoshida, M.:
    "ORFeome cloning and global analysis of protein localization in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe"
    Nature Biotechnol. 24, 841-847 (2006).

メンバーリスト

主宰者

吉田 稔
主任研究員

メンバー

平田 龍吾
専任研究員
小川 健司
専任研究員
凌 楓
専任研究員
松本 健
専任研究員
松山 晃久
専任研究員
八代田 陽子
専任研究員
伊藤 昭博
専任研究員
SCHNEIDER-POETSCH Tilman Hans Jorg
研究員
小林 大貴
基礎科学特別研究員
岡本 真也
特別研究員
TARIQ Mohammad
特別研究員
福島 玲奈
大学院生リサーチ・アソシエイト
則次 恒太
大学院生リサーチ・アソシエイト
SHAH Asad Ali
国際プログラム・アソシエイト
横山 翔
研修生
MAGPANTAY Hilbert Delos Santos
研修生
野田 愛祐子
研修生
杉村 しおり
研修生
坂本 和貴
研修生
黒川 留美
テクニカルスタッフⅠ
稲場 瞳子
テクニカルスタッフⅠ
市川 保恵
テクニカルスタッフⅡ
高瀬 恵
テクニカルスタッフⅡ
BRADSHAW Elliot Colby
テクニカルスタッフⅡ
芳本 玲
客員研究員
川田 学
客員研究員