研究紹介

主任研究員研究室

戎崎計算宇宙物理研究室

主任研究員 戎崎 俊一 (Ph.D.)
戎崎 俊一 (Ph.D.)

当研究室では、極限エネルギー宇宙線(1020電子ボルト)を検出し、その起源天体を同定するためのEUSO(Extreme Universe Space Observatory)プロジェクトをEUSOチームと協力して進めています。その他に、銀河中心ブラックホールにおける航跡場加速による超高エネルギー宇宙線加速、ブラックホール連星の形成と合体の研究の協力を進めています。また、科研費新学術領域研究「冥王代生命学の創成」に参加し、生命惑星形成過程と地球冥王代における生命の起源を研究しています。新しい惑星形成理論であるタンデム惑星形成モデルを提案しています。

研究主分野

数物系科学

研究関連分野

情報学 / 総合理工 / 生物学

天体物理学 / 計算科学

キーワード

  • 超高エネルギー宇宙線
  • 宇宙デブリ
  • 高速科学技術計算,ブラックホール
  • 惑星形成
  • 生命の起源

主要論文

  1. Toshikazu Ebisuzaki,, Mark N. Quinn, Satoshi Wada, Lech Wiktor Piotrowski, Yoshiyuki Takizawa, Marco Casolino, Mario E. Bertaina, Philippe Gorodetzky, Etienne Parizot, Toshiki Tajima, Rémi Soulard, Gérard Mourou.:
    "Demonstration designs for the remediation of space debris from the International Space Station"
    Acta Astronautica 112, 102-113 (2015)
  2. Ebisuzaki T, Maruyama S.:
    "United theory of biological evolution: Disaster-forced evolution through Supernova, radioactive ash fall-outs, genome instability, and mass extinctions"
    Geoscience Frontiers 6, 103-119 (2015)
  3. Fumiyoshi Kajino, Toshikazu Ebisuzaki, Marco Casolino, Yoshiyuki Takizawa, Yoshiya Kawasaki, Naoto Sakaki, Sergei Sharakin, Pavel Klimov, Mikhail I. Panashyuk for the JEM-EUSO Collaboration.:
    "K-EUSO: An improved optical system for KLYPVE ultra-high energy cosmic ray space telescope"
    Proc. 34th ICRC (Hague), 634 (2015)
  4. The JEM-EUSO Collaboration.:
    "The JEM-EUSO mission: An introduction"
    Special Issue on the JEM-EUSO Mission, Experimental Astronomy 40, 3-17 (2015), ISSN: 0922-6435
  5. Ebisuzaki, T. and Tajima, T.:
    "Astrophysical ZeV acceleration in the relativistic jet from an accreting supermassive blackhole"
    Astroparticle Physics, 56, 9-15. (2014)
  6. Maruyama, S. and Ebisuzaki, T.:
    "Origin of the Earth: A proposal of new model called ABEL"
    Geoscience Frontiers, 8,2,253-274(2017)
  7. Imaeda, Y. and Ebisuzaki, T.:
    "Tandem planet formation for solar system-like planetary systems"
    Geoscience Frontiers, 8,2,223-231(2017)
  8. Zhi Li, Qiong Liu, Shujuan Han, Toshiaki Iitaka, Haibin Su, Takami Tohyama, Huaidong Jiang, Yongjun Dong, Bin Yang, Fangfang Zhang, Zhihua Yang, and Shilie Pan.:
    "Nonlinear electronic polarization and optical response in borophosphate BPO4"
    Phys. Rev. B 93, 245125 (2016).
  9. Y. Kuramitsu, A. Mizuta, et al.
    "Time Evolution of Kelvin-Helmholtz Vortices Associated with Collisionless Shocks in Laser-produced Plasmas"
    Astrophysical Journal, 828, 93 (2016)
  10. Shirao T, Ueno K, Abe T and Matsuyama T.:
    "Development of DNA markers for identifying chrysanthemum cultivars generated by ion-beam irradiation"
    Molecular Breeding 31:729-735, (2013)

メンバーリスト

主宰者

戎崎 俊一
主任研究員

メンバー

飯高 敏晃
専任研究員
松山 知樹
専任研究員
滝澤 慶之
専任研究員
水田 晃
研究員
塚本 裕介
基礎科学特別研究員
今枝 佑輔
協力研究員
鈴木 鉄兵
協力研究員
河津 励
協力研究員
村田 一城
大学院生リサーチ・アソシエイト
金子 委利子
テクニカルスタッフⅠ

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

cap-labinfo [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

イベント・シンポジウムなど

研究年次報告書