研究紹介

主任研究員研究室

伊藤ナノ医工学研究室

主任研究員 伊藤 嘉浩 (D.Eng.)
伊藤 嘉浩 (D.Eng.)

当研究室では、化学的手法と生物工学的手法を融合させた新しい「ものづくり」の方法論の確立とそれによる機能性材料の開発を目指しています。方法論として、有機合成化学、コンビナトリアル・ケミストリー、進化分子工学、高分子工学、ハイブリッド材料工学、遺伝子・タンパク質工学、微細加工技術、ナノテクノロジーなどの手法を用い、新しい材料を生み出し、その性能を評価するとともに、再生医療、人工臓器材料、ドラッグ・デリバリー・システム、ナノメディシン、分子イメージング、バイオチップ、バイオエレクトロニクス、人工酵素、人工抗体への応用展開を図っています。

研究主分野

複合領域

研究関連分野

工学

生体材料科学 / 進化分子工学 / 高分子化学

キーワード

  • 人工臓器材料
  • バイオセンサー
  • 再生医療用材料
  • バイオチップ
  • 機能性高分子材料

主要論文

  1. Nair, B. G., Zhou, Y., Hagiwara, K., Ueki, M., Isoshima, T., Abe, H. and Ito, Y.:
    "Enhancement of synergistic gene silencing by RNA interference using branched “3-in-1”trimer siRNA"
    J. Mater. Chem. B, 5, 4044-4051 (2017)
  2. Maruyama, H., Oikawa, R., Hayakawa, M., Takamori, S., Kimura, Y., Abe, N., Tsuji, G., Akira Matsuda, A., Shuto, S., Ito, Y. and Abe, H.:
    "Chemical ligation of oligonucleotides using an electrophilic phosphorothioester"
    Nucleic Acid Res., 45, 7042-7048 (2017)
  3. Mao, H., Kim, S. M., Ueki, M. and Ito, T.:
    "Serum-free culturing of human mesenchymal stem cells with immobilized growth factors"
    J. Mater. Chem. B, 5, 928-934 (2017)
  4. Wang, W., Zhu, L., Hirano, Y., Karamiavargani, M., Tada, S., Zhang, G., Uzawa, T., Zhang, D., Hirose, T., Taiji, M. and Ito,Y.:
    "Fluorogenic enhancement of in vitro selected binding peptide ligand by replacement of fluorescent group"
    Anal. Chem., 88, 7991-7997 (2016)
  5. Nair B. G., Hagiwara, H., Ueda, M., Yu, H.-h., Tseng, H.-R. and Ito,Y.:
    "High density of aligned nanowire treated with polydopamine for efficient gene silencing by siRNA according to cell membrane perturbation"
    ACS Appl. Mater. Inter., 8, 18693-18700 (2016)
  6. Zhang, C., Miyatake, H., Wang, Y., Inaba, T., Wang, Y., Zhang, P. and Ito, Y.:
    "A bioorthogonal approach for the preparation of a titanium-binding insulin-like growth factor-1 derivative using tyrosinase"
    Angew. Chem. Int. Edn., 55, 11447-11451 (2016)
  7. Zhao, H., Jiang, G., Weng, J., Ma, Q., Zhang, H., Ito Y. and Liu, M.:
    "Signal-accumulating DNAzyme-crosslinked hydrogel for colorimetric sensing of hydrogen peroxide"
    J. Mater. Chem. B, 4, 4648-4651 (2016)
  8. Wang, W., Hirano, Y., Uzawa, T., Taiji, M. and Ito, Y.:
    "Assisted enhancement of inhibitory effects of small molecular inhibitors for kinases"
    Bull. Chem. Soc. Jpn., 89, 444-446 (2016)
  9. Wang, Z., Xu, Y., Wang, Y., Ito, Y., Zhang, P. and Chen, X.:
    "Enhanced in vitro mineralization and in vivo osteogenesis of composite scaffolds through controlled surface grafting of L-lactic acid oligomer on nano-hydroxyapatite"
    Biomacromolecules, 17, 818-829 (2016)
  10. Gisbergen, M. v., Cebula, M., Zhang, J., Ottosson-Wadlund, A., Dubois, L., Lambin, P., Tew, K., Townsend, D., Haenen, G., Drittij-Reijnders, M.-J., Saneyoshi, H., Araki, M., Shishido, Y., Ito, Y., Arner, E., Abe, H., Morgenstern, R. and Johansson, K.:
    "A chemical reactivity window determines prodrug efficiency towards glutathione transferase overexpressing cancer cells"
    Mol. Pharm., 13, 2010-2025 (2016)

メンバーリスト

主宰者

伊藤 嘉浩
主任研究員

メンバー

礒島 隆史
専任研究員
宮武 秀行
専任研究員
植木 雅志
専任研究員
川本 益揮
専任研究員
鵜澤 尊規
専任研究員
上田 一樹
研究員
間 陽子
研究員
佐藤 洋隆
研究員
森島 信裕
特別嘱託研究員
秋元 淳
基礎科学特別研究員
LIUSHIQI
特別研究員
BAI Lanlan
訪問研究員
SIAROT Lowela Libunao
特別研究員
KIM Seong Min
大学院生リサーチ・アソシエイト
KIM Eunhye
大学院生リサーチ・アソシエイト
DHARMATTI Roopa
国際プログラム・アソシエイト
KARIMIAVARGANI Marziyeh
研修生
CHANG Hao
研修生
ASSI Wlaa
研修生
広瀬 智哉
研修生
市川 みのり
研修生
NING Boyang
研修生

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

y-ito [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2016年7月11日: 報道発表資料
細胞を活性化できるチタン

業績リスト

研究年次報告書