研究紹介

主任研究員研究室

岩崎RNAシステム生化学研究室

主任研究員 岩崎 信太郎 (Ph.D.)
岩崎 信太郎 (Ph.D.)

生物の最も基本的な原理はDNAからRNA(転写)がつくられ、RNAからタンパク質(翻訳)がつくられるという「分子生物学のセントラルドグマ」です。最近の研究によりRNAの量とタンパク質の量は単純に比例するわけではなく、「翻訳」段階で多くの制御を受け最終的に産生するタンパク質量を緻密に制御していることが分かってきました。本研究室では次世代シークエンサーを使った網羅的解析と古典的生化学の手法を組み合わせ、生物の基本原理たる「翻訳」の詳細な理解に挑戦します。

研究主分野

生物学

研究関連分野

総合生物

生物科学 / ゲノム科学

キーワード

  • 翻訳
  • RNA
  • 阻害剤

主要論文

  1. Matsuo Y., Ikeuchi K., Saeki Y., Iwasaki S., Schmidt C., Udagawa T., Sato F., Tsuchiya H., Becker T., Tanaka K., Ingolia NT., Beckmann R., & Inada T.:
    "Ubiquitination of stalled ribosome triggers ribosome-associated quality control"
    Nat Commun. 8(1):159. (2017)
  2. Iwasaki S., Ingolia NT.:
    "The Growing Toolbox for Protein Synthesis Studies"
    Trends Biochem Sci. pii: S0968-0004(17)30092-0. (2017)
  3. Ishikawa K., Makanae K., Iwasaki S., Ingolia NT., Moriya H.:
    "Post-Translational Dosage Compensation Buffers Genetic Perturbations to Stoichiometry of Protein Complexes."
    PLoS Genet. 25;13(1):e1006554. (2017)
  4. Iwasaki S., Floor SN., and Ingolia NT.:
    "Rocaglates convert DEAD-box protein eIF4A into a sequence-selective translational repressor"
    Nature 15, 534(7608), 558-61 (2016)
  5. Werner A., Iwasaki S., Teerikorpi N., Fedrigo I., Ingolia NT., and Rape M.:
    "Cell fate determination by ubiquitin-dependent regulation of ribosome function"
    Nature 24, 525(7570), 523-7 (2015)
  6. Iwasaki S.*, Sasaki MH.*, Sakaguchi Y., Suzuki T., Tadakuma H., and Tomari Y. (* equal contribution):
    "Defining fundamental steps in the assembly of Drosophila RNAi enzyme complex"
    Nature 28, 521(7553), 533-6 (2015)
  7. Iwasaki S.*, Kobayashi M.*, Yoda M., Sakaguchi Y., Katsuma S., Suzuki T., and Tomari Y. (* equal contribution):
    "Hsc70/Hsp90 chaperone machinery mediates ATP-dependent RISC loading of small RNA duplexes"
    Mol. Cell 30, 39(2), 292-9 (2010)
  8. Yoda M., Kawamata T., Paroo Z., Ye X., Iwasaki S., Liu Q., and Tomari Y.:
    "ATP-dependent human RISC assembly pathways"
    Nat. Struct. Mol. Biol. 17(1), 17-23 (2010)
  9. Iwasaki S., Kawamata T., and Tomari Y.:
    "Drosophila Argonaute1 and Argonaute2 employ distinct mechanisms for translational repression"
    Mol Cell. 10, 34(1), 58-67 (2009)
  10. Takeda A., Iwasaki S., Watanabe T., Utsumi M., and Watanabe Y.:
    "The mechanism selecting the guide strand from small RNA duplexes is different among Argonaute proteins"
    Plant Cell Physiol. 49(4), 493-500 (2008)

メンバーリスト

主宰者

岩崎 信太郎
主任研究員

メンバー

七野 悠一
特別研究員
水戸 麻理
テクニカルスタッフⅠ
牧野 支保
研究生
木村 悠介
研修生
藤田 智也
研修生
横山 理惠
アシスタント

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 生物科学研究棟 S205

shintaro.iwasaki [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2018年6月19日: 報道発表資料
光による植物遺伝子の新たな発現制御機構を解明
2018年1月30日: 報道発表資料
細胞種ごとの遺伝子解析の新手法

研究年次報告書