研究紹介

主任研究員研究室

坂井星・惑星形成研究室

主任研究員 坂井 南美 (Ph.D.)
坂井 南美 (Ph.D.)

「太陽系のような環境はどれほど宇宙で普遍的に存在するのか?」。この問いに答えるには、母体となる星間分子雲から星や惑星がどのように作られるか、という物理進化の理解が不可欠です。同時に、星間分子雲で作られた様々な分子がどのように惑星系へもたらされるか、という化学進化の理解も原始地球環境との関連で非常に重要です。当研究室では、アルマ望遠鏡などの最先端電波望遠鏡を用いて、これらの両面から星と惑星の誕生過程を研究しています。また、観測に必要な分子の回転遷移輝線の周波数を精密に測定する分子分光実験も計画しています。

研究主分野

数物系科学

研究関連分野

総合理工 / 化学

天文学 / 物理学 / 地球惑星科学

キーワード

  • 星形成
  • 惑星系形成
  • 電波天文学
  • 星間化学
  • 分子分光

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Aya E. Higuchi, Aki Sato, Takashi Tsukagoshi, Nami Sakai, Kazunari Iwasaki, Munetake Momose, Hiroshi Kobayashi, Daisuke Ishihara, Sakae Watanabe, Hidehiro Kaneda, and Satoshi Yamamoto.:
    "Detection of Submillimeter-wave [CI] Emission in Gaseous Debris Disks of 49 Ceti and βPictoris"
    ApJ, 839:L14 (2017)
  2. Nami Sakai, Yoko Oya, Aya E. Higuchi, Yuri Aikawa, Tomoyuki Hanawa, Cecilia Ceccarelli, Bertrand Lefloch, Ana Lopez-Sepulcre, Yoshimasa Watanabe, Takeshi Sakai, Tomoya Hirota, Emmanuel Caux, Charlotte Vastel, Claudine Kahane, and Satoshi Yamamoto.:
    "Vertical structure of the transition zone from infalling rotating envelope to disc in the Class 0 protostar, IRAS 04368+2557"
    MNRAS 467, L76-L80 (2017)
  3. Yoko Oya, Nami Sakai, Ana Lopez-Sepulcre, Yoshimasa Watanabe, Cecilia Ceccarelli, Bertrand Lefloch, Cecile Favre, and Satoshi Yamamoto.:
    "Infalling-rotating motion and associated chemical change in the envelope of IRAS 16293-2422 source a studied with ALMA"
    ApJ 824-88 (2016)
  4. Yuji Ebisawa, Hiroshi Inokuma, Nami Sakai, Karl M. Menten, Hiroyuki Maezawa, and Satoshi Yamamoto.:
    "OH 18 cm Transition as a Thermometer for Molecular Clouds"
    ApJ, 815, 13 (2015)
  5. Kento Yoshida, Nami Sakai, Tomoya Tokudome, Ana López-Sepulcre, Yoshimasa Watanabe, Shuro Takano, Bertrand Lefloch, Cecilia Ceccarelli, Rafael Bachiller, Emmanuel Caux, Charlotte Vastel, and Satoshi Yamamoto.:
    "Abundance Anomaly of the 13C Isotopic Species of c-C3H2 in the Low-Mass Star Formation Region L1527"
    ApJ, 807, 66 (2015)
  6. *Nami Sakai, Takeshi Sakai, Tomoya Hirota, Yoshimasa Watanabe, Cecilia Ceccarelli, Claudine Kahane, Sandrine Bottinelli, Emmanuel Caux, Karine Demyk, charlotte Vastel, Audrey Cautens, Vianney Taquet, Nagayoshi Ohashi, Shigehisa Takakuwa, His-Wei Yen, Yuri Aikawa, and Satoshi Yamamoto.:
    "Change in the chemical composition of infalling gas forming a disk around a protostar"
    Nature, 507, 78 (2014)
  7. *Nami Sakai and Satoshi Yamamoto.:
    "Warm Carbon-Chain Chemistry"
    Chem. Rev., 113, 8981 (2013)
  8. *Nami Sakai, Shuro Takano, Takeshi Sakai, Shoichi Shiba, Yoshihiro Sumiyoshi, Yasuki Endo, and Satoshi Yamamoto.:
    "Anomalous 13C Isotope Abundances in C3S and C4H Observed toward the Cold Interstellar Cloud, Taurus Molecular Cloud-1"
    J. Phys. Chem., 117, 9831 (2013)
  9. *Nami Sakai, Hiroyuki Maezawa, Takeshi Sakai, Karl M. Menten, and Satoshi Yamamoto.:
    "CH radio emission from Heiles Cloud 2 as a tracer of molecular cloud evolution"
    Astron. Astrophys., 546, A103 (2012)
  10. *Nami Sakai, Takeshi Sakai, Yoshihiro Osamura, and Satoshi Yamamoto.:
    "Detection of C6H¯ toward the low-mass protostar IRAS 04368+2557 in L1527"
    ApJ 667: L65-L68 (2007)

メンバーリスト

主宰者

坂井 南美
主任研究員

メンバー

大橋 聡史
基礎科学特別研究員
ZHANG Yichen
基礎科学特別研究員
梅畑 豪紀
基礎科学特別研究員
樋口 あや
協力研究員
吉田 健人
研修生
渡邉 祥正
客員研究員
松本 律子
事務パートタイマーⅠ
清治 直子
事務パートタイマーⅡ

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 物質科学研究棟S407

nami.sakai [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2019年3月28日: 報道発表資料
アルマ望遠鏡で迫る大質量連星系の起源
2019年1月1日: 報道発表資料
回転軸の傾きがそろわない原始惑星系円盤
2017年4月12日: 報道発表資料
若い惑星系に残るガスは塵から供給された

研究年次報告書