研究紹介

主任研究員研究室

Kim表面界面科学研究室

主任研究員 金 有洙 (D.Eng.)
金 有洙 (D.Eng.)

エネルギーの移動や変換の過程を個々の分子や原子に対して詳細に記述することは、微小デバイスにおけるエネルギー利用の高効率化・高機能化、あるいは触媒表面における物質変換の効率向上を図る上で最も重要な要素の一つであります。当研究室では、表面及び界面におけるエネルギー移動・変換過程の学理を探求することを目指し、主に走査プローブ顕微鏡法による実験と密度汎関数法による理論の両面で、分子・原子レベル研究を行っています。具体的には、様々な固体表面における単一分子の量子状態の励起とそれに伴う反応、自己組織化有機薄膜の形成及び電子物性の制御、さらに、“光-電子”エネルギー変換機構の解明などの研究をも行っています。

研究主分野

化学

研究関連分野

総合理工 / 工学

表面科学 / 物理化学 / 凝縮系物理

キーワード

  • 表面
  • 界面
  • 走査プローブ顕微鏡
  • 単分子分光
  • ナノテクノロジー

主要論文

  1. H. Imada, K. Miwa, M. Imai-Imada, S. Kawahara, K. Kimura, and Y. Kim.:
    "Single molecule investigation of energy dynamics in a coupled plasmon-exciton system"
    Phys. Rev. Lett. 119 (2017) 013901, 1-6.
  2. E. Kazuma, J. Jung, H. Ueba, M. Trenary, and Y. Kim.:
    "Direct pathway to molecular photodissociation on metal surfaces using visible light"
    J. Am. Chem. Soc. 139 (2017) 3115-3121.
  3. H. J. Yang, M. Trenary, M. Kawai, and Y. Kim.:
    "Single-Molecule Dynamics in the Presence of Strong Intermolecular Interactions"
    J. Phys. Chem. Lett. 7 (2016) 4369-4373.
  4. H. Imada, K. Miwa, M. Imai-Imada, S. Kawahara, K. Kimura, and Y. Kim.:
    "Real-space investigation of energy transfer in heterogeneous molecular dimers"
    Nature 538 (2016) 364-367
  5. K. Miwa, H. Imada, S. Kawahara, and Y. Kim.:
    "Effects of molecule-insulator interaction on geometric property of a single phthalocyanine molecule adsorbed on an ultrathin NaCl film"
    Phys. Rev. B 93 (2016) 165419, 1-8.
  6. J.-H. Kim, J. Jung, Y. S. Yang, J.-C. Ribierre, C. Adachi, M. Kawai, T. Fukushima, and Y. Kim.:
    "Seamless growth of a supramolecular carpet"
    Nature Commun. 7 (2016) 10653, 1-9.
  7. H. W. Kim, S. Takemoto, E. Minamitani, T. Okada, T. Takami, K. Motobayashi, M. Trenary, M. Kawai, N. Kobayashi, and Y. Kim.:
    "Electron confinement in graphene nanoislands with free-electron-like energy dispersion"
    J. Phys. Chem. C 120 (2016) 345-349.
  8. H. Lim, J. Jung, R. S. Ruoff, and Y. Kim.:
    "Structurally Driven One-dimensional Electron Confinement in Sub-5-nm Graphene Nanowrinkles"
    Nature Commun. 6 (2015) 8601, 1-6.
  9. E. Kazuma, M. Han, J. Jung, J. Oh, T. Seki, and Y. Kim.:
    "Elucidation of isomerization pathways of a single azobenzene derivative using an STM"
    J. Phys. Chem. Lett. 6 (2015) 4239-4243.
  10. T. Minato, S. Kajita, C.-L. Pang, N. Asao, Y. Yamamoto, T. Nakayama, M. Kawai, and Y. Kim.:
    "Tunneling desorption of atomic hydrogen on the surface of titanium dioxide"
    ACS Nano 9 (2015) 6837-6842

メンバーリスト

主宰者

金 有洙
主任研究員

メンバー

早澤 紀彦
専任研究員
横田 泰之
研究員
今田 裕
研究員
數間 惠弥子
基礎科学特別研究員
山本 駿玄
基礎科学特別研究員
CATALAN Francesca Celine Inserto
特別研究員
WONG Raymond Albert
特別研究員
JACULBIA Rafael
特別研究員
KIM Yena
特別研究員
CHAUNCHAIYAKUL Songpol
特別研究員
WALEN Holly
訪問研究員
三輪 邦之
訪問研究員
木村 謙介
大学院生リサーチ・アソシエイト
YANG Bo
国際プログラム・アソシエイト
BALGOS Maria Herminia Marallag
国際プログラム・アソシエイト
OUYANG Chun
研修生
今井 みやび
研修生
倉持 千加子
アシスタント
長谷川 志
研究支援パートタイマー
清水 佳子
研究支援パートタイマー

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
物質科学研究棟S304
Tel: 048-467-4073
Fax: 048-467-1945

ykim [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2018年5月4日: 報道発表資料
ナノの光で起こる化学反応
2017年7月5日: 報道発表資料
新原理に基づく単一分子発光・吸収分光を実現
2017年2月27日: 報道発表資料
固体金属上で分子の可視光分解を観測
2017年2月: 理研ニュース
PDF(8,475KB)
2016年10月4日: 報道発表資料
分子間エネルギー移動の単分子レベル計測に成功
2016年2月5日: 報道発表資料
表面反応素過程での新しいエネルギー伝搬

業績リスト

研究年次報告書