研究紹介

主任研究員研究室

伊藤細胞制御化学研究室

主任研究員 伊藤 幸成 (D.Phar.)
伊藤 幸成 (D.Phar.)

糖タンパク質、糖脂質等はそれらの構成成分として糖が連なった糖鎖と呼ばれる部分を有しています。糖鎖は細胞間の認識、分化や癌化と密接に関連していることが知られていますが、それ以外にもタンパク質の活性制御、安定化、フォールディング、分解過程においても重要な役割を担っていることが明らかになりつつあります。複雑で多様性に富んだ糖鎖の構築は有機合成化学の見地から興味深い課題であるのみならず、新たなタイプの生体情報分子として生物との境界領域の研究対象としても注目されています。これらの背景をもとに複合糖質、特に糖タンパク関連分子の精密合成、それに関連する分子プローブの創製に有効な方法論の開拓を中心に研究を行っています。さらに、人工糖タンパク質の創製による糖鎖の機能解明、抗ウィルス活性を持つ糖鎖分子の特異的認識機構の解明、生体機能性多糖の合成研究などを行なっています。

研究主分野

化学

研究関連分野

複合領域

生物分子化学 / 生物有機化学 / 生体関連化学

キーワード

  • 複合糖質
  • 糖鎖
  • グリコシル化反応
  • 立体選択性
  • 糖タンパク質機能

主要論文

  1. Masakazu Hachisu, Akira Seko, Shusaku Daikoku, Yoichi Takeda, Masafumi Sakono, Yukishige Ito.:
    “Hydrophobic Tagged Dihydrofolate Reductase for Creating Misfolded Glycoprotein Mimetics”
    ChemBioChem, 17, 300–303 (2016)
  2. Ohara, K., Takeda, Y., Daikoku, S., Hachisu, M., Seko, A., Ito, Y:
    “Profiling aglycon recognizing sites of UDP-glucose:glycoprotein glucosyltransferase by means of squarate mediated labeling”,
    Biochemistry, 54, 4909-4917 (2015)
  3. Ishiwata, A., Kaeothip, S., Takeda, Y., and Ito, Y.:
    “Synthesis of the Highly Glycosylated Hydrophilic Motif of Extensins”
    Angew. Chem. Int. Ed., 53, 9812-9816 (2014)
  4. Aikawa, J., Takeda, Y., Matsuo, I., and Ito, Y.:
    “Trimming of glucosylated N-glycans by human ER α1,2- mannosidase I”
    J. Biochem., 155, 375-384 (2014)
  5. Manabe, S., Satoh, H., Hutter, J., Lüthi, H., Laino, T., and Ito Y.:
    “Significant Substituent Effect on the Anomerization of Pyranosides: Mechanism of Anomerization and Synthesis of a 1,2-cis Glucosamine Oligomer from the 1,2-trans Anomer”
    Chem. Eur. J., 20, 124–132 (2014)
  6. Koizumi, A., Matsuo, I., Takatani, M., Seko, A., Hachisu, M., Takeda, Y., and Ito, Y.:
    “Top-down chemoenzymatic approach to a high-mannose-type glycan library: Synthesis of a common precursor and its enzymatic Trimming”
    Angew. Chem. Int. Ed., 52, 7426-7431 (2013)
  7. Izumi, M., Makimura, Y., Dedola, S., Seko, A., Kanamori, A., Sakono, M., Ito, Y., and Kajihara Y.:
    “Chemical synthesis of intentionally misfolded homogeneous glycoprotein: A unique approach for the study of glycoprotein quality control”
    J. Am. Chem. Soc., 134, 7238-7241 (2012)
  8. Ishiwata, A., Sakurai, A., Nishimiya, Y., Tsuda, S., and Ito, Y.:
    “Synthetic study and structural analysis of the antifreeze agent xylomannan from Upis ceramboides”
    J. Am. Chem. Soc., 133, 19524-19535 (2011)
  9. Nakagawa, Y., Doi, T., Masuda, Y., Takegoshi, K., Igarashi, Y., and Ito Y.:
    “Mapping of the primary mannose binding site of Pradimicin A”
    J. Am. Chem. Soc., 133, 17485-17493 (2011)
  10. Satoh, H., Manabe, S., Ito, Y., and Lüthi, H.:
    “Teodoro Laino, and Jürg Hutter: Endocyclic cleavage in glycosides with 2,3-trans cyclic protecting groups”
    J. Am. Chem. Soc., 133, 5610-5619 (2011)

メンバーリスト

主宰者

伊藤 幸成
主任研究員

メンバー

相川 順一
専任研究員
眞鍋 史乃
専任研究員
石渡 明弘
専任研究員
坂本 康治
先任研究員
DING Feiqing
基礎科学特別研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 物質科学研究棟

yukito [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

業績リスト

研究年次報告書