研究紹介

ライフサイエンス技術基盤研究センター (CLST)

渡辺 恭良 (M.D., Ph.D.)
センター長
渡辺 恭良
(M.D., Ph.D.)
ライフサイエンス技術基盤研究センターは、2013年に発足した新しい研究組織です。ライフサイエンスの成果を創薬・医療につなげるために必須となる新しい技術を確立し、われわれヒトを含む生きた生命活動の全体像を捉えるライフサイエンスの新たな潮流を生み出すことが目標です。この2つの目標を達成するために、理研がこれまで培ってきた、分子に対する原子レベルの技術、分子に対する細胞レベルの技術、分子に対する個体レベルの技術をさらに先鋭化し、生命の階層構造をまたいだ知識・技術の融合を進めます。

組織

組織図PDF(482KB)

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-3
Tel: 078-304-7138
Fax: 078-304-7112

関連リンク

最新の研究成果

2017年12月14日: 報道発表資料
DNAのメチル化を切り替える因子の同定法を開発
2017年11月17日: 報道発表資料
次世代型マウス遺伝学の実現
2017年10月24日: 報道発表資料
肝細胞の増殖を促進する肝再生制御因子Orm1
2017年10月12日: 報道発表資料
フルオロアルケンの簡便合成を実現
2017年10月11日: 報道発表資料
iPS細胞におけるゲノム変異の解明