研究紹介

ライフサイエンス技術基盤研究センター

生命動態情報研究グループ

グループディレクター 古田 泰秀 (Ph.D.)
古田 泰秀 (Ph.D.)

多細胞生物における個体形成、生命機能維持といった高次生命現象の根本的な理解を目指し、個体レベルから分子・遺伝子レベルに至るまでの多階層を包括した技術基盤の開発を行っています。特に、個々の研究室単位では一般に効率的に運用することの難しい、高度な設備や技能を必要とする解析技術の応用に重点をおいて研究を進めています。個体レベルでは遺伝子組換えマウスや新規実験動物系の作製による有用モデル動物の開発、組織・細胞レベルでは最先端の顕微鏡技術を駆使した形態、分子動態、微細構造の解析、さらに分子情報レベルでは最新の質量分析や次世代遺伝子解析システムによる遺伝子発現、エピジェネティック制御に関する網羅的解析などを推し進め、ヒトにおける健康増進や医療への応用に向けて不可欠な生命動態情報を構築していきます。さらに、このような開発研究により確立した技術基盤を応用し、理化学研究所はもとより、広く生命科学研究コミュニティーへの技術支援を展開しています。

研究主分野

総合生物

組織