研究紹介

ライフサイエンス技術基盤研究センター

生体ゲノム工学研究チーム

チームリーダー 古田 泰秀 (Ph.D.)
古田 泰秀 (Ph.D.)

近年、遺伝子改変動物は生命科学の分野で欠かす事のできない研究ツールとなっています。当チームは、最先端の遺伝子改変マウス作製の技術開発研究として、組織、細胞、細胞内小器官、そして生体シグナリングの動態を可視化する遺伝子改変マウスの開発を進めてきました。さらに、その技術や知識を活かして、生体モデル開発ユニットとの連携により、理研内はもちろん、広く日本およびアジアのアカデミック研究者との共同開発プロジェクトとして、生命科学の分野に広く有用な遺伝子改変マウスの開発を行っています。

研究主分野

分子生物 & 遺伝学

研究関連分野

生物学 & 生化学 / 神経科学 & 行動科学

研究テーマ

  • 医科学・生物学研究に有用な遺伝子改変マウスの開発
  • マウス胚でのイメージング技術の開発

主要論文

  1. Toya, M., Kobayashi, S., Kawasaki, M., Shioi, G., Kaneko, M., Ishiuchi, T., Misaki, K., Meng,.W, and Takeichi, M.:
    "CAMSAP3 orients the apical-to-basal polarity of microtubule arrays in epithelial cells."
    Proc Natl Acad Sci U S A. 113(2):332-7, 2016
  2. Nakao H, Harada T, Nakao K, Kiyonari H, Inoue K, Furuta Y, Aiba A.:
    "A possible aid in targeted insertion of large DNA elements by CRISPR/Cas in mouse zygotes."
    Genesis. 54(2):65-77, 2016
  3. Hayashi, K., Momoi, Y., Tanuma, N., Kishimoto, A., Ogoh, H., Kato, H., Suzuki, M., Sakamoto, Y., Inoue, Y., Nomura, M., Kiyonari, H., Sakayori, M., Fukamachi, K., Kakugawa, Y., Yamashita, Y., Ito, S., Sato, I., Suzuki, A., Nishio, M., Suganuma, M., Watanabe, T., Shima, H.:
    "Abrogation of protein phosphatase 6 promotes skin carcinogenesis induced by DMBA"
    Oncogene 34(35): 4647-55, 2015
  4. Mukai, S., Yabuta, N., Yoshida, K., Okamoto, A., Miura, D., Furuta, Y., Abe, T. and Nojima H.:
    "Lats1 suppresses centrosome overduplication by modulating the stability of Cdc25B."
    Sci Rep 5:16173. doi: 10.1038/srep16173, 2015
  5. Kurimoto, K., Yabuta, Y., Hayashi, K., Ohta, H., Kiyonari, H., Mitani, T., Moritoki, Y., Kohri, K., Kimura, H., Yamamoto, T., Katou, Y., Shirahige, K., Saitou, M.:
    "Quantitative Dynamics of Chromatin Remodeling during Germ Cell Specification from Mouse Embryonic Stem Cells"
    Cell Stem Cell 16(5): 517-32, 2015
  6. Susaki, E. A., Tainaka, K., Perrin, D., Kishino, F., Tawara, T., Watanabe, T. M., Yokoyama, C., Onoe, H., Eguchi, M., Yamaguchi, S., Abe, T., Kiyonari, H., Shimizu, Y., Miyawaki, A., Yokota, H., Ueda, HR.:
    "Whole-brain imaging with single-cell resolution using chemical cocktails and computational analysis"
    Cell 157(3): 726-39, 2014
  7. Ishiguro, K,, Kim, J., Shibuya, H., Hernández-Hernández, A., Suzuki, A., Fukagawa, T., Shioi, G., Kiyonari, H., Li, X.C., Schimenti, J., Höög, C., and Watanabe, Y.:
    "Meiosis-specific cohesin mediates homolog recognition in mouse spermatocytes."
    Genes Dev. 28:594-607, 2014
  8. Lee, J., Kim, K.E., Choi, D.K., Jang, J.Y., Jung, J.J., Kiyonari, H., Shioi, G., Chang, W., Suda, T., Mochizuki, N., et al.:
    "Angiopoietin-1 Guides Directional Angiogenesis Through Integrin alphavbeta5 Signaling for Recovery of Ischemic Retinopathy."
    Sci Transl Med 5:203ra127, 2013
  9. Abe, T., Fujimori, T.:
    "Reporter mouse lines for fluorescent imaging"
    Dev Growth Differ 55(4): 390-405, 2013
  10. Abe T, Sakaue-Sawano A, Kiyonari H, Shioi G, Inoue K, Horiuchi T, Nakao K, Miyawaki A, Aizawa S, Fujimori T.:
    "Visualization of cell cycle in mouse embryos with Fucci2 reporter directed by Rosa26 promoter."
    Development. 140(1):237-246, 2013

メンバーリスト

主宰者

古田 泰秀
チームリーダー

メンバー

塩井 剛
専門職研究員
阿部 高也
専門職研究員
清成 寛
研究員
門脇 可菜
テクニカルスタッフⅠ
椋本 淑子
テクニカルスタッフⅠ
山本 大輔
テクニカルスタッフⅠ
山下 結衣
テクニカルスタッフⅠ
金子 麻里
テクニカルスタッフⅡ
東川 倫子
テクニカルスタッフⅡ
綿世 恵美
テクニカルスタッフⅡ
畑本 直子
アシスタント