研究紹介

ライフサイエンス技術基盤研究センター

生体機能評価研究チーム

チームリーダー 尾上 浩隆 (Ph.D.)
尾上 浩隆 (Ph.D.)

生体まるごとを対象にした非侵襲的なin vivo のライヴイメージング技術は、疾患の早期発見,診断,そして治療薬の開発に欠かすことのできない重要なツールです。当チームはライヴイメージング技術により生体内における分子の挙動を解析し、その分子の持つ本来の機能と役割を解明することで生命機能の統合的理解を計ります。またこの技術を活用し、正常と病態とのモデル動物での比較や、霊長類とヒトの比較、発生・発達・老化に関わる時間生物学観点からの研究を行います。

研究テーマ

  • 次世代のオリジナルPETトレーサー候補化合物の創出
  • 生物現象追跡のための分子イメージング技術

主要論文

  1. Murata Y, Higo N, Hayashi T, Nishimura Y, Sugiyama Y, Oishi T, Tsukada H, Isa T, Onoe H.:
    “Temporal plasticity involved in recovery from manual dexterity deficit after motor cortex lesion in macaque monkeys.”
    J Neurosci., 35(1), 84-95 (2015).
  2. Susaki EA, Tainaka K, Perrin D, Kishino F, Tawara T, Watanabe TM, Yokoyama C, Onoe H, Eguchi M, Yamaguchi S, Abe T, Kiyonari H, Shimizu Y, Miyawaki A, Yokota H, Ueda HR.:
    “Whole-brain imaging with single-cell resolution using chemical cocktails and computational analysis.”
    Cell, 157(3), 726-739 (2014).
  3. Yamanaka H, Yokoyama C, Mizuma H, Kurai S, Finnema S,J, Halldin C, Doi H, Onoe H.:
    “A possible mechanism of the nucleus accumbens and ventralpallidum 5-HT1B receptors underlying the antidepressantaction of ketamine: a PET study with macaques”
    Transl Psychiatry, 4, e342 (2014).
  4. Yokoyama, C; Kawasaki, A; Hayashi, T; Onoe, H :
    “Linkage Between the Midline Cortical Serotonergic System and Social Behavior Traits: Positron Emission Tomography Studies of Common Marmosets”
    Cereb. Cortex, 23(9), 2136-2145 (2013).
  5. Yeh HH, Tian M, Hinz R, Young D, Shavrin A, Mukhapadhyay U, Flores LG, Balatoni J, Soghomonyan S, Jeong HJ, Pal A, Uthamanthil R, Jackson JN, Nishii R, Mizuma H, Onoe H, Kagawa S, Higashi T, Fukumitsu N, Alauddin M, Tong W, Herholz K, Gelovani JG:
    “Imaging Epigenetic Regulation by Histone Deacetylases in the Brain using PET/MRI with 18F-FAHA”
    Neuroimage, 64, 630-639 (2013).
  6. Nakazawa S, Yokoyama C, Nishimura N, Horisawa T, Kawasaki A, Mizuma H, Doi H, Onoe H.:
    “Evaluation of dopamine D2/D3 and serotonin 5-HT2A receptor occupancy for a novel antipsychotic, lurasidone, in conscious common marmosets using small-animal positron emission tomography.”
    Psychopharmacology (Berl)., 225(2), 329-339 (2013).
  7. Kawasaki T, Marumo T, Shirakami K, Mori T, Doi H, Suzuki M, Watanabe Y, Chaki S, Nakazato A, Ago Y, Hashimoto H, Matsuda T, Baba A, Onoe H.:
    “Increase of 20-HETE synthase after brain ischemia in rats revealed by PET study with (11)C-labeled 20-HETE synthase-specific inhibitor.”
    J Cereb Blood Flow Metab., 32(9), 1737-1746 (2012).
  8. Shukuri M, Takashima-Hirano M, Tokuda K, Takashima T, Matsumura K, Inoue O, Doi H, Suzuki M, Watanabe Y, Onoe H.:
    “In vivo expression of cyclooxygenase-1 in activated microglia and macrophages during neuroinflammation visualized by PET with 11C-ketoprofen methyl ester.”
    J Nucl Med., 52(7), 1094-1101 (2011).
  9. Kambe T, Motoi Y, Inoue R, Kojima N, Tada N, Kimura T, Sahara N, Yamashita S, Mizoroki T, Takashima A, Shimada K, Ishiguro K, Mizuma H, Onoe H, Mizuno Y, Hattori N.:
    “Differential regional distribution of phosphorylated tau and synapse loss in the nucleus accumbens in tauopathy model mice.”
    Neurobiol Dis., 42(3), 404-414 (2011).
  10. Mizuma H, Shukuri M, Hayashi T, Watanabe Y, Onoe H.:
    “Establishment of in vivo brain imaging method in conscious mice.”
    J Nucl Med., 51(7), 1068-1075 (2010).

メンバーリスト

主宰者

尾上 浩隆
チームリーダー

メンバー

田原 強
研究員
水間 広
研究員
角元 恭子
研究員
山中 創
特別研究員
大和田 志乃
テクニカルスタッフⅠ
井上 美智子
テクニカルスタッフⅠ
松本 佳乃
テクニカルスタッフⅠ
伊佐 正
客員主管研究員
田村 尚
客員研究員
宿里 充穗
客員研究員
髙松 宏幸
客員研究員
松村 潔
客員研究員
千田 道雄
客員研究員
平島 正則
客員研究員
西井 龍一
客員研究員
加川 信也
客員研究員
彦坂 和雄
客員研究員
西村 幸男
客員研究員
加藤 利佳子
客員研究員
木下 正治
客員研究員
佐々木 えりか
客員研究員
岡原 純子
客員研究員
高橋 司
客員研究員
山田 祐子
客員技師
森田 正道
業務嘱託
西岡 朋輝
研修生
LEPICARD Elise Yuri
研修生
音羽 泰則
研修生
鈴木 迪諒
研修生