研究紹介

ライフサイエンス技術基盤研究センター

細胞機能評価研究チーム

チームリーダー 片岡 洋祐 (M.D., Ph.D.)
片岡 洋祐 (M.D., Ph.D.)

がんや認知症など多くの病は、身体の中の細胞が正常な機能を失ってしまうことで生じます。当チームは、PET・MRI・光イメージング法などの技術を駆使し、体を構成する細胞が実際の組織内でどのように機能し、その異常が病態とどのように関わるかを明らかにします。特に中枢神経組織幹細胞や前駆細胞、およびがん組織におけるがん幹細胞のイメージング法を確立し、これらの細胞の増殖・分化メカニズムの解明、中枢神経疾患および悪性腫瘍の新しい治療法の開発を目指します。また、疲労病態などの代謝動態の異常を解析し、細胞機能を制御・治療する技術を開発します。

研究主分野

医歯薬学

研究関連分野

総合生物 / 生物学

研究テーマ

  • 生体内幹・前駆細胞のイメージングと機能解析
  • 疲労病態などの代謝動態解析と制御
  • 新規マルチモダルイメージング法と光エネルギーを用いた生体内細胞機能制御法の開発

主要論文

  1. Kume, S., Yamato, M., Tamura, Y., Jin, G., Nakano, M., Miyashige, Y., Eguchi, A., Ogata, Y., Goda, N., Iwai, K., Yamano, E., Watanabe, Y., Soga, T., and Kataoka, Y.:
    “Potential biomarkers of fatigue identified by plasma metabolome analysis in rats.”
    PLOS ONE, 10(3): e0120106 (2015).
  2. Cui, Y., Toyoda, H., Sako, T., Onoe, K., Hayashinaka, E., Wada, Y.:
    “A voxel-based analysis of brain activity in high-order trigeminal pathway in the rat induced by cortical spreading depression.”
    NeuroImage, 108, 17-22 (2015).
  3. Nakatomi Y, Mizuno K, Ishii A, Wada Y, Tanaka M, Tazawa S, Onoe K, Fukuda S, Kawabe J, Takahashi K, Kataoka Y, Shiomi S, Yamaguti K, Inaba M, Kuratsune H, Watanabe Y.:
    “Neuroinflammation in patients with chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: an 11C-(R)-PK11195 PET study.”
    J. Nucl. Med., 55(6), 945-950 (2014).
  4. Yamato M, Tamura Y, Eguchi A, Kume S, Miyashige Y, Nakano M, Watanabe Y, Kataoka Y.:
    “Brain Interleukin-1 beta and the Intrinsic Receptor Antagonist Control Peripheral Toll-Like Receptor 3-Mediated Suppression of Spontaneous Activity in Rats.”
    PLOS ONE, 9(3), e90950 (2014).
  5. Kobayashi M, Cui YL, Sako T, Sasabe T, Mizoguchi N, Yamamoto K, Wada Y, Kataoka Y, Koshikawa N.:
    “Functional neuroimaging of aversive taste-related areas in the alert rat revealed by positron emission tomography.”
    J. Neurosci. Res., 91(10), 1363-1370 (2013).
  6. Yamato M, Kaneda A, Kataoka Y.
    “Low-level laser therapy improves crescentic glomerulonephritis in rats.”
    Lasers Med. Sci., 28(4), 1189-1196 (2013).
  7. Cui YL, Li QH, Yamada H, Watanabe Y, Kataoka Y.:
    “Chronic degeneration of dorsal raphe serotonergic neurons modulates cortical spreading depression: A possible pathophysiology of migraine.”
    J. Neurosci. Res., 91(6), 737-744 (2013).
  8. Toba S, Tamura Y, Kumamoto K, Yamada M, Takao K, Hattori S, Miyakawa T, Kataoka Y, Azuma M, Hayasaka K, Amamoto M, Tominaga K, Wynshaw-Boris A, Wanibuchi H, Oka Y, Sato M, Kato M, Hirotsune S.:
    “Post-natal treatment by a blood-brain-barrier permeable calpain inhibitor, SNJ1945 rescued defective function in lissencephaly.”
    Sci Rep., 3, 1224 (2013).
  9. Kataoka Y, Yamato M, Miyashige Y, Tamura Y, Cui Y.:
    “Neuroinflammation in animal models of fatigue.”
    Adv Neuroimmune Biol., 4, 237-244 (2013).
  10. Tamura Y, Eguchi A, Jin G, Sami MM, Kataoka Y.:
    “Cortical spreading depression shifts cell fate determination of progenitor cells in the adult cortex.”
    J Cereb Blood Flow Metab., 32(10), 1879-1887 (2012).

メンバーリスト

主宰者

片岡 洋祐
チームリーダー

メンバー

田村 泰久
上級研究員
大和 正典
研究員
久米 慧嗣
特別研究員
中野 真行
大学院生リサーチ・アソシエイト
高田 孔美
テクニカルスタッフⅠ
江口 麻美
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-3

kataokay [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年4月27日: 報道発表資料
環境音楽聴取時の気分変化から自律神経機能を予測
2017年2月14日: 報道発表資料
炎症から脳神経を保護するグリア細胞
2016年8月30日: 報道発表資料
神経新生の生体イメージングに成功