研究紹介

Home > 研究紹介 > ライフサイエンス技術基盤研究センター > センター長戦略プログラム > 分子ネットワーク制御研究プロジェクト >

ライフサイエンス技術基盤研究センター

分子ネットワーク制御因子開発ユニット

ユニットリーダー 田上 俊輔 (Ph.D.)
田上 俊輔 (Ph.D.)

当研究室では合成生物学・構造生物学的手法を用いて機能的生体高分子の開発に取り組んでいます。試験管内でのタンパク質複合体の再構成、タンパク質・RNAの試験管内進化、X線結晶構造解析、立体構造をもとにしたタンパク質の改変などにより細胞の動態を制御する分子を作成し、医療や基礎生物学への応用を目指します。

研究テーマ

  • 細胞の働きを変える分子を創る

主要論文

  1. Tagami S, Attwater J, Holliger P.:
    “Simple peptides derived from the ribosomal core potentiate RNA polymerase ribozyme function”
    Nature Chemistry, 9, 325-332 (2017).
  2. Tagami S, Sekine S, Minakhin L, Esyunina D, Akasaka R, Shirouzu M, Kulbachinskiy A, Severinov K, Yokoyama S.:
    “Structural basis for promoter specificity switching of RNA polymerase by a phage factor”
    Genes Dev, 28(5), 521-531 (2014)
  3. James Attwater, Shunsuke Tagami, Michiko Kimoto, Kyle Butler, Eric T. Kool, Jesper Wengel, Piet Herdewijn, Ichiro Hirao and Philipp Holliger.:
    “Chemical fidelity of an RNA polymerase ribozyme”
    Chem Sci, 4, 2804–2814 (2013)
  4. Sekine S, Tagami S, Yokoyama S.:
    “Structural basis of transcription by bacterial and eukaryotic RNA polymerases.”
    Curr Opin Struct Biol, 22(1), 110-118 (2012)
  5. Tagami S, Sekine SI, Yokoyama S.:
    “A novel conformation of RNA polymerase sheds light on the mechanism of transcription.”
    Transcription, 2(4), 162-167 (2011)
  6. Tagami S, Sekine S, Kumarevel T, Hino N, Murayama Y, Kamegamori S, Yamamoto M, Sakamoto K, Yokoyama S.:
    “Crystal structure of bacterial RNA polymerase bound with a transcription inhibitor protein.”
    Nature, 468(7326), 978-982 (2010)
  7. Tagami S, Sekine S, Kumarevel T, Yamamoto M, Yokoyama S.:
    “Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of Thermus thermophilus transcription elongation complex bound to Gfh1.”
    Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun., 66(Pt1), 63-68 (2010)

メンバーリスト

主宰者

田上 俊輔
ユニットリーダー

メンバー

澄田 智美
研究員
HUYNH NHAT Kim
特別研究員
森谷 三沙岐
テクニカルスタッフI

Home > 研究紹介 > ライフサイエンス技術基盤研究センター > センター長戦略プログラム > 分子ネットワーク制御研究プロジェクト >