研究紹介

ライフサイエンス技術基盤研究センター

構造・合成生物学部門

部門長 白水 美香子 (Ph.D.)
白水 美香子 (Ph.D.)

生体分子が働く姿をとらえるための技術や、生体の働きをコントロールする分子を自在に合成するための技術を開発します。生体システムのダイナミックな働きを明らかにするためには、タンパク質や核酸などからつくられる分子複合体・超分子の構造を知る必要があります。そのために、SPring-8/SACLAを利用したり、新規NMR装置や分光法の開発を行うことで、従来の限界を超越した超分子構造解析を可能とする技術基盤を確立するとともに、国内主要拠点を結んだNMRネットワークの中核施設としての活動も行います。制御分子の開発のためには、従来の低分子に加え、核酸・タンパク質等の中・高分子をベースにした設計・作成技術の開発を進めます。このために、スーパーコンピュータ「京」等の最先端の計算機資源を活用し、人工塩基対・人工アミノ酸を使ったユニークな技術の応用を進めます。部門全体の活動を通じて創薬へも貢献することを目指しています。

組織

  • 創薬タンパク質解析基盤ユニット
    白水 美香子 (Ph.D.)
  • 創薬分子設計基盤ユニット
    本間 光貴 (Ph.D.)