研究紹介

ライフサイエンス技術基盤研究センター

非天然型アミノ酸技術研究チーム

チームリーダー 坂本 健作 (Ph.D.)
坂本 健作 (Ph.D.)

生きた細胞にタンパク質の設計図を読み込ませることで、科学研究や産業に役立つタンパク質を合成することができます。本来なら細胞には存在しない人工のアミノ酸(非天然のアミノ酸)をタンパク質の一部として組込むことができるように設計図を書き換えておくことも可能です。このアミノ酸はタンパク質分子上の目印になったり、タンパク質の機能を高めるための化学反応に役立てたりできます。非天然型アミノ酸技術研究チームでは、ユニークで最先端のタンパク質の生産技術を開発・応用して、創薬や産業に役立てるための研究を進めています。

研究主分野

総合生物

研究関連分野

医歯薬学

研究テーマ

  • 生細胞における遺伝暗号の改変
  • 非天然型アミノ酸の導入による新規タンパク質の創出
  • 細胞内分子ネットワークを制御する分子の開発

主要論文

  1. Yamaguchi, A., Matsuda, T., Ohtake, K., Yanagisawa, T., Yokoyama, S., Fujiwara, Y., Watanabe, T., Hohsaka, T., and Sakamoto, K.:
    "Incorporation of a doubly functionalized synthetic amino acid into proteins for creating chemical and light-induced conjugates"
    Bioconjug Chem. 27, 198-206 (2015).
  2. Mukai, T., Yamaguchi, A., Ohtake, K., Takahashi, M., Hayashi, A., Iraha, F., Kira, S., Yanagisawa, T., Yokoyama, S., Hoshi, H., Kobayashi, T. and Sakamoto, K.:
    "Reassignment of a rare sense codon to a non-canonical amino acid in Escherichia coli"
    Nucleic. Acids Res. 43, 8111-8122 (2015).
  3. Ohtake, K., Yamaguchi, A., Mukai, T., Kashimura, H., Hirano, N., Haruki, M., Kohashi, S., Yamagishi, K., Murayama, K., Tomabechi, Y., Itagaki, T., Akasaka, R., Kawazoe, M., Takemoto, C., Shirouzu, M., Yokoyama, S., and Sakamoto, K.:
    "Protein stabilization utilizing a redefined codon"
    Sci Rep. 5: 9762 (2015).
  4. Mukai, T., Hoshi, H., Ohtake, K., Takahashi, M., Yamaguchi, A., Hayashi, A., Yokoyama, S., and Sakamoto, K.:
    "Highly reproductive Escherichia coli cells with no specific assignment to the UAG codon"
    Sci Rep. 5: 9699 (2015).
  5. Ohtake, K., Sato, A., Mukai, T., Hino, N., Yokoyama, S. and Sakamoto, K.:
    "Efficient decoding of the UAG triplet as a full-fledged sense codon enhances the growth of a prfA-deficient strain of Escherichia coli"
    J. Bacteriol. 194, 2606-2613 (2012).
  6. Hayashi, A., Hino, N., Kobayashi, T., Arai, R., Shirouzu, M., Yokoyama, S. and Sakamoto, K.:
    "Dissecting cell signaling pathways with genetically encoded 3-iodo-L-tyrosine"
    Chembiochem. 12, 387-389 (2011).
  7. Mukai, T., Hayashi, A., Iraha, F., Sato, A., Ohtake, K., Yokoyama, S. and Sakamoto, K:
    "Codon reassignment in the Escherichia coli genetic code"
    Nucleic Acids Res. 38, 8188-8195 (2010)
  8. Iraha, F., Oki, K., Kobayashi, T., Ohno. S., Yokogawa, T., Nishikawa, K., Yokoyama, S. and Sakamoto, K.:
    "Functional replacement of the endogenous tyrosyl-tRNA synthetase-tRNATyr pair by the archaeal tyrosine pair in Escherichia coli for genetic code expansion"
    Nucleic Acids Res. 38, 3682-3691 (2010).
  9. Hino, N., Hayashi, A., Sakamoto, K. and Yokoyama, S.:
    "Site-specific incorporation of non-natural amino acids into proteins in the mammalian cells with an expanded genetic code"
    Nat. protocol 1, 2957-2962 (2007).
  10. Hino, N., Okazaki, Y., Kobayashi, T., Hayashi, A., Sakamoto, K. and Yokoyama, S.:
    "Protein photo-cross-linking in mammalian cells by site-specific incorporation of a photoreactive amino acid"
    Nat. Methods 2, 201-206 (2005).

メンバーリスト

主宰者

坂本 健作
チームリーダー

メンバー

和田 章
専任研究員
松元 明子
上級技師
山口 純
研究員
木村 史枝
技師
大竹 和正
研究員
天野 芳美
テクニカルスタッフⅠ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 西研究棟 2F W223号室
Tel: 045-503-9459
Fax: 045-503-9458

sakamoto [at] gsc.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年7月21日: 報道発表資料
高機能抗体のデザイン技術
2015年5月26日: 報道発表資料
新規アミノ酸を用いた酵素の安定化技術を開発
2015年5月18日: 報道発表資料
DNA情報の変換ルールを人為的に改変