研究紹介

ライフサイエンス技術基盤研究センター

タンパク質機能・構造研究チーム

チームリーダー 白水 美香子 (Ph.D.)
白水 美香子 (Ph.D.)

個別化医療を担う薬の開発では、分子標的薬など疾患に関与するタンパク質の立体構造の情報がますます重要になります。当チームは、これまで解析が難しかった膜タンパク質をはじめとする高難度タンパク質の試料調製法や結晶化法の開発を行いつつ、創薬・医療等のライフイノベーションに貢献する構造解析技術の基盤を構築します。特に免疫系の疾患に関わるタンパク質複合体や、がん・白血病に関わるキナーゼを中心に構造解析を行います。立体構造情報は創薬候補インシリコスクリーニングへ提供され、さらに候補化合物との複合体の構造決定を行うことで創薬に役立てます。

研究主分野

生物学 & 生化学

研究関連分野

分子生物 & 遺伝学

研究テーマ

  • 創薬を目指したタンパク質の立体構造解析
  • 膜タンパク質などの高難度タンパク質調製技術の開発
  • クライオ電子顕微鏡による巨大な生体分子複合体の立体構造解析

主要論文

  1. Jeong H, Kim JS, Song S, Shigematsu H, Yokoyama T, Hyun J, Ha NC.:
    "Pseudoatomic Structure of the Tripartite Multidrug Efflux Pump AcrAB-TolC Reveals the Intermeshing Cogwheel-like Interaction between AcrA and TolC"
    Structure, 24(2), 272-276 (2016).
  2. Furuse M, Tamogami J, Hosaka T, Kikukawa T, Shinya N, Hato M, Ohsawa N, Kim SY, Jung KH, Demura M, Miyauchi S, Kamo N, Shimono K, Kimura-Someya T, Yokoyama S, Shirouzu, M.:
    "Structural basis for the slow photocycle and late proton release in Acetabularia rhodopsin I from the marine plant Acetabularia acetabulum"
    Acta Crystallogr D Biol Crystallogr, 71(11), 2203-2216 (2015).
  3. Tokmakov AA, Kurotani A, Ikeda M, Terazawa Y, Shirouzu M, Stefanov V, Sakurai T, Yokoyama, S.:
    "Content of intrinsic disorder influences the outcome of cell-free protein synthesis"
    Sci Rep, 5:14079 (2015).
  4. Yoshida H, Park SY, Oda T, Akiyoshi T, Sato M, Shirouzu M, Tsuda K, Kuwasako K, Unzai S, Muto Y, Urano T, Obayashi E.:
    "A novel 3' splice site recognition by the two zinc fingers in the U2AF small subunit"
    Genes Dev, 29(15), 1649-1660 (2015).
  5. Tanabe H, Fujii Y, Okada-Iwabu M, Iwabu M, Nakamura Y, Hosaka T, Motoyama K, Ikeda M, Wakiyama M, Terada T, Ohsawa N, Hato M, Ogasawara S, Hino T, Murata T, Iwata S, Hirata K, Kawano Y, Yamamoto M, Kimura-Someya T, Shirouzu M, Yamauchi T, Kadowaki T, Yokoyama S.:
    "Crystal structures of the human adiponectin receptors"
    Nature, 520(7547), 312-316 (2015).
  6. Kuwasako K, Takahashi M, Unzai S, Tsuda K, Yoshikawa S, He F, Kobayashi N, Gntert P, Shirouzu M, Ito T, Tanaka A, Yokoyama S, Hagiwara M, Kuroyanagi H, Muto Y.:
    "RBFOX and SUP-12 sandwich a G base to cooperatively regulate tissue-specific splicing"
    Nat Struct Mol Biol, 21(9), 778-786 (2014).
  7. Hato M, Hosaka T, Tanabe H, Kitsuna T, Yokoyama S.:
    "A new manual dispensing system for in meso membrane protein crystallization with using a stepping motor-based dispenser"
    J Struct Funct Genomics, 15(3), 165-171 (2014).
  8. Takeo K, Tanimura S, Shinoda T, Osawa S, Zahariev IK, Takegami N, Ishizuka-Katsura Y, Shinya N, Takagi-Niidome S, Tominaga A, Ohsawa N, Kimura-Someya T, Shirouzu M, Yokoshima S, Yokoyama S, Fukuyama T, Tomita T, Iwatsubo T.:
    "Allosteric regulation of γ-secretase activity by a phenylimidazole-type γ-secretase modulator"
    Proc Natl Acad Sci U S A, 111(29), 10544-10549 (2014).
  9. Parker LJ, Taruya S, Tsuganezawa K, Ogawa N, Mikuni J, Honda K, Tomabechi Y, Handa N, Shirouzu M, Yokoyama S, Tanaka A.:
    "Kinase crystal identification and ATP-competitive inhibitor screening using the fluorescent ligand SKF86002"
    Acta Crystallogr Sect D-Biol Crystallogr, 70, 392-404 (2014).
  10. Arai S, Saijo S, Suzuki K, Mizutani K, Kakinuma Y, Ishizuka-Katsura Y, Ohsawa N, Terada T, Shirouzu M, Yokoyama S, Iwata S, Yamato I, Murata T.:
    "Rotation mechanism of Enterococcus hirae V1-ATPase based on asymmetric crystal structures"
    Nature, 493(7434), 703-707 (2013).

メンバーリスト

主宰者

白水 美香子
チームリーダー

メンバー

竹本 千重
副チームリーダー
新野 睦子
上級研究員
田仲 昭子
上級研究員
羽藤 正勝
上級研究員
染谷 友美
上級研究員
仁田 亮
上級研究員
重松 秀樹
上級研究員
岩崎 わかな
専任研究員
庄司 志咲子
研究員
保坂 俊彰
研究員
大沢 登
研究員
篠田 雄大
研究員
横山 武司
研究員
伊原 健太郎
研究員
坂井 直樹
研究員
堀 哲哉
研究員
植田 啓介
特別研究員
野村 直子
技師
五島 美絵
技師
伊東 夏織
技師
桂 芳子
技師
村山 美幸
技師
津曲 千恵美
技師
赤坂 領吾
技師
加茂 友美
技師
花田 和晴
技師
桂 一茂
技師
池田 眞理子
技師
上島 珠美
特別研究員
大林 尚美
特別研究員
坂本 恵香
リサーチアソシエイト
津田 健吾
リサーチアソシエイト
森 真澄
テクニカルスタッフⅠ
青木 真理
テクニカルスタッフⅠ
矢吹 有香子
テクニカルスタッフⅠ
中川 ゆかり
テクニカルスタッフⅠ
井上 みお
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22

mikako.shirouzu [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2016年11月22日: 報道発表資料
SARSウイルスの巧みな戦略
2016年8月1日: 報道発表資料
細胞を使わない膜タンパク質の合成技術
2016年7月22日: 報道発表資料
分子モーターの「バックギア」を解明

刊行物