研究紹介

環境資源科学研究センター (CSRS)

篠崎 一雄 (D.Sci.)
センター長
篠崎 一雄
(D.Sci.)

環境資源科学研究センターは、生物機能と化学的多様性の理解を礎に「炭素」、「窒素」、「金属元素」に関する3つの研究課題を推進し、持続的社会の実現に挑みます。「炭素」では、植物機能や触媒化学を用いた二酸化炭素の資源化技術を開発します。「窒素」では、低肥料(窒素・リン)等苛酷な環境下でも高成長が可能な植物や革新的なアンモニア合成技術を開発します。「金属元素」では、生物機能による金属回収技術や豊富で入手し易い金属を活用した革新的触媒を開発します。また、これら研究に必要な生物資源の生産及び利活用のための研究基盤を構築します。

副センター長: 長田 裕之 (D.Agr.)、斉藤 和季 (Ph.D.)、侯 召民 (D.Eng.)
コーディネーター: 篠原 健司(D.Sci.)、神谷 勇治 (Ph.D.)

組織

組織図PDF(478KB)

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-9471
Fax: 045-503-9113

csrs [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年6月14日: 報道発表資料
セリン生合成の新しい制御機構を発見
2017年5月23日: 報道発表資料
化合物の標的分子の同定を効率化
2017年5月2日: 報道発表資料
寄生植物は植物ホルモンを使い宿主を太らせる
2017年4月6日: 報道発表資料
ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化
2017年4月4日: 報道発表資料
干ばつに強いイネの実証栽培に成功

刊行物