研究紹介

環境資源科学研究センター (CSRS)

篠崎 一雄 (D.Sci.)
センター長
篠崎 一雄
(D.Sci.)
環境負荷の少ない「モノづくり」を理念に、持続的な成長および地球規模の課題に貢献する「課題解決型」研究で、人類が健康で豊かな生活を送ることのできる地球の未来をリードしていきます。

国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」および温室効果ガス排出ゼロを目指す「COP21」を指標とし、異分野融合研究による5つのフラッグシッププロジェクト「革新的植物バイオ」「代謝ゲノムエンジニアリング」「先進触媒機能エンジニアリング」「新機能性ポリマー」「先端技術プラットフォーム」を推進します。データサイエンスや人工知能など最先端の技術を取り入れ、天然資源からの有用物質の創製・探索および利用、持続的な食料生産やバイオ生産など、これまで培ってきた基礎研究をさらに高度化し、革新的な成果を創出していきます。

副センター長: 長田 裕之 (D.Agr.)、斉藤 和季 (Ph.D.)、侯 召民 (D.Eng.)、松井 南 (D.Sci.)
コーディネーター: 篠原 健司(D.Sci.)

組織

組織図PDF(331KB)

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-9471
Fax: 045-503-9113

csrs [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

刊行物