研究紹介

環境資源科学研究センター

酵素研究チーム

チームリーダー 沼田 圭司 (Ph.D.)
沼田 圭司 (Ph.D.)

高分子合成酵素、高分子分解酵素(プロテアーゼ)、およびそれらを含む光合成細菌および植物を用いて、バイオマスから高性能バイオポリマーを効率良く生産するシステムを開発します。酵素やオルガネラを合目的に高性能化することにより、高効率かつ合理的にバイオマスを資源化する反応システムの構築を目指します。また、高分子科学に基づき材料設計することで、構造材料として利用可能な新規ポリアミド(ポリアミノ酸)を創出します。

研究主分野

材料科学

研究関連分野

工学 / 化学 / 生物学 & 生化学 / 分子生物 & 遺伝学 / 農学 / 植物 & 動物学

研究テーマ

  • ポリアミノ酸およびポリペプチドの材料化を目指した化学酵素重合法の開発
  • 天然構造タンパク質の構造と機能の解明
  • オルガネラ工学を利用した植物/光合成細菌による物質生産

主要論文

  1. Yazawa, K., Ishida, K., Masunaga, H., Hikima, T., and Numata, K.:
    "Influence of water content on the β-sheet formation, thermal stability, water removal, and mechanical properties of silk materials."
    Biomacromolecules in press.
  2. Tsuchiya, K. and Numata, K.:
    "Papain-Catalyzed Chemoenzymatic Synthesis of Telechelic Polypeptides Using Bis(leucine ethyl ester) Initiator."
    Macromolecular Bioscience. in press.
  3. Ma, Y., Sato, R., Li, Z., and Numata, K.:
    "Chemoenzymatic synthesis of oligo(L-cysteine) for use as thermal stable bio-based material."
    Macromolecular Bioscience, Volume 16, pp151–159, 2016.
  4. Numata, K., Sato, R., Yazawa, K., Hikima, T., and Masunaga, H.:
    "Crystal structure and physical properties of Antheraea yamamai silk fibers: long poly(alanine) sequences are partially in crystalline region."
    Polymer, Volume 77, pp87-94, 2015.
  5. Numata, K., Masunaga, H., Hikima, T., Sasaki, S., Sekiyama, K., and Takata, M.:
    "Use of extension-deformation-based crystallization of silk fibres to differentiate their functions in nature."
    Soft Matter, Volume 11, pp6335-6342, 2015.
  6. Ageitos, J.M., Chuah, J.-C. and Numata, K.:
    "Chemo-Enzymatic Synthesis of Linear and Branched Cationic Peptides: Evaluation as Gene Carriers,"
    Macromolecular Bioscience, Volume 15, Issue 7, pp990–1003, 2015.
  7. Numata, K. and Morisaki, K.:
    "Screening of marine bacteria to synthesize polyhydroxyalkanoate from lignin: Contribution of lignin derivatives to biosynthesis by Oceanimonas doudoroffii."
    ACS Sustainable Chemistry and Engineering, Volume 3, Issue 4, pp569–573, 2015.
  8. Numata, K., Motoda, Y., Watanabe, S., Osanai, T., and Kigawa, T.:
    "Co-expression of two polyhydroxyalkanoate synthase subunits from Synechocystis sp. PCC 6803 by cell free synthesis and their specific activity for polymerization of 3-hydroxybutyryl-CoA."
    Biochemistry, Volume 54, Issue 6, pp1401–1407, 2015.
  9. Wong, Y.-M., Hoshino, Y., Sudesh, K., Miura, Y., and Numata, K.:
    "Optimization of poly(N-isopropylacrylamide) as an artificial amidase."
    Biomacromolecules, Volume 16, Issue 1, pp411-421, 2015.
  10. Chuah, J.-C., Yoshizumi, T., Kodama, Y., and Numata, K.:
    "Gene introduction into the mitochondria of Arabidopsis thaliana via peptide-based carriers."
    Scientific Reports, 5, 7751 2015.

メンバーリスト

主宰者

沼田 圭司
チームリーダー

メンバー

吉積 毅
上級研究員
土屋 康佑
上級研究員
MALAY Ali Andres Defrance
研究員
樋口 美栄子
研究員
CHUAH Jo-Ann
特別研究員
INSOMPHUN Chayatip
特別研究員
矢澤 健二郎
特別研究員
OKTAVIANI Nur Alia
特別研究員
LEE Haejoo
特別研究員
片山 健太
特別研究員
ISLAM MD Monirul
特別研究員
元田 容子
テクニカルスタッフⅠ
堀井 陽子
テクニカルスタッフⅠ
立石 綾香
テクニカルスタッフⅡ
伊福 菜穂
テクニカルスタッフⅡ