研究紹介

環境資源科学研究センター

触媒・融合研究グループ

グループディレクター 袖岡 幹子 (D.Phar.)
袖岡 幹子 (D.Phar.)

環境資源科学に資する、遷移金属触媒を用いる新規反応の開発と、植物科学と化学との融合研究に取り組みます。特に、物質の構造、機能を分子状酸素を利用した触媒的酸化反応で調節する手法を開発し、炭素資源や金属資源の有効活用に貢献することを目指しています。また、精密有機合成化学を基盤とする天然資源の 有用物質への変換や、開発した有機反応によって合成できる化合物や植物などの二次代謝産物の有効活用法の探索にも取り組んでいます。特に植物二次代謝産物 は、植物、動物に対する機能が未知のものも多いことから、それらの活用を多面的に探索することにも挑戦しています。さらに、当研究センターの植物や微生物 科学と化学の連携研究に貢献することも目指しています。

研究主分野

化学

研究関連分野

総合生物 / 医歯薬学

キーワード

  • 生物活性分子
  • 触媒反応
  • 含フッ素化合物

主要論文

  1. Wang, Q., Kuramoto, Y., Okazaki, Y., Ota, E., Morita, M., Hirai, G., Saito, K., and Sodeoka, M.:
    "Synthesis of Polyunsaturated Fatty Acid-Containing Glucuronosyl-diacylglycerol through Direct Glycosylation"
    Tetrahedron. Lett. 58, 2915-2918 (2017).
  2. Ueda, M., Egoshi, S., Dodo, K., Ishimaru, Y., Yamakoshi, H., Nakano, T., Takaoka, Y., Tsukiji, S., and Sodeoka, M.:
    "Noncanonical Function of a Small-Molecular Virulence Factor Coronatine against Plant Immunity: An In Vivo Raman Imaging Approach "
    ACS Central Science 3, 462-472 (2017).
  3. Sohtome, Y., Nakamura, G., Muranaka, A., Hashizume, D., Lectard, S., Tsuchimoto, T., Uchiyama, M., and Sodeoka, M.:
    "Naked d-orbital in a centrochiral Ni(II) complex as a catalyst for asymmetric [3+2] cycloaddition "
    Nature Comm. 8, 14875 (2017).
  4. Pünner, F., Sohtome Y., and Sodeoka, M.:
    "Solvent-Dependent Copper-Catalyzed Synthesis of Pyrazoles Under Aerobic Conditions"
    Chem. Commun. 52, 14093-14096 (2016).
  5. Sun, X., Hirai, G., Ueki, M., Hirota, H., Wang, Q., Hongo, Y., Nakamura, T., Hitora, Y., Takahashi, H., Sodeoka, M., Osada, H., Hamamoto, M., Yoshida, M., and Yashiroda, Y.:
    "Identification of novel secreted fatty acids that regulate nitrogen catabolite repression in fission yeast"
    Sci. Rep. 6, 20856 (2016).
  6. Kawamura, S., and Sodeoka, M.:
    "Perfluoroalkylation of Unactivated Alkenes with Acid Anhydrides as the Perfluoroalkyl Source"
    Angew. Chem. Int. Ed. 55, 8740-8743 (2016).
  7. Kawamura, S., Egami, H., and Sodeoka, M.:
    "Aminotrifluoromethylation of Olefins via Cyclic Amine Formation: Its Mechanistic Study and Application to Synthesis of Trifluoromethylated Pyrrolidines"
    J. Am. Chem. Soc. 137, 4865-4873 (2015).
  8. Egami, H. and Sodeoka, M.:
    "Recent Progress on Trifluoromethylation of Alkenes with Concomitant Introduction of Additional Functional Groups"
    Angew. Chem. Int. Ed. 53, 8294-8308 (2014).
  9. Ozawa, M., Morita, M., Hirai, G., Tamura, S., Kawai, M., Tsuchiya, A., Oonuma, K., Maruoka, K. and Sodeoka, M.:
    "Contribution of Cage-Shaped Structure of Physalins to Their Mode of Action in Inhibition of NF-κB Action"
    ACS Med. Chem. Lett. 4, 730-735 (2013).
  10. Egami, H., Shimizu, R., Kawamura, S., and Sodeoka, M.:
    "Alkene Trifluoromethylation Coupled with C-C Bond Formation: Construction of Trifluoromethylated Carbocycles and Heterocycles"
    Angew. Chem. Int. Ed. 52, 4000-4003 (2013).

メンバーリスト

主宰者

袖岡 幹子
グループディレクター

メンバー

どど 孝介
専任研究員
五月女 宜裕
専任研究員
河村 伸太郎
研究員
山口 滋
基礎科学特別研究員
淺沼 三和子
特別研究員
江越 脩祐
特別研究員
村上 遼
特別研究員
寺山 直樹
テクニカルスタッフⅠ
青木 雄真
テクニカルスタッフⅠ
大沼 可奈
テクニカルスタッフⅡ