研究紹介

環境資源科学研究センター

ケミカルバイオロジー研究グループ

グループディレクター 長田 裕之 (D.Agr.)
長田 裕之 (D.Agr.)

化学を出発点として生命現象の解明を目指す「ケミカルバイオロジー」研究を推進するためには、化合物ライブラリーを整備し、それを活用するためのプラットホームを構築することが重要です。

当グループは、微生物、植物の代謝産物に着目した天然化合物を収集・合成するとともに、その化学情報および生物情報を集録したデータベースを構築します。天然化合物ライブラリーから新しい生理活性物質を探索するとともに、生理活性物質の標的タンパク質同定、作用機作解析、タンパク質および天然有機化合物の 構造研究などの研究基盤を整備し、ケミカルバイオロジーと環境資源科学に関連する基礎研究を遂行します。

研究主分野

複合領域

研究関連分野

総合理工 / 生物学

キーワード

  • ケミカルバイオロジー
  • 天然化合物バンク
  • 化学生物情報学
  • 生理活性物質探索
  • 相互作用解析

主要論文

  1. Otaka, J., Hashizume, D., Masumoto, Y., Muranaka, A., Uchiyama, M., Koshino, H., Futamura, Y., and Osada, H.:
    "Hitoyol A and B, Two Norsesquiterpenoids from the Basidiomycete Coprinopsis cinerea."
    Org Lett. [Epub ahead of print] (2017).
  2. Nogawa, T., Okano, A., Lim, C.L., Futamura, Y., Shimizu, T., Takahashi, S., Ibrahim, D., and Osada H.:
    "Opantimycin A, a new metabolite isolated from Streptomyces sp. RK88-1355."
    J Antibiot, 70, 222-225 (2017).
  3. Kawatani, M., Muroi, M., Wada, A., Inoue, G., Futamura, Y., Aono, H., Shimizu, K., Shimizu, T., Igarashi, Y., Takahashi-Ando, N., and Osada, H.:
    "Proteomic profiling reveals that collismycin A is an iron chelator"
    Sci Rep, 6, 38385 (2016).
  4. Hasebe, F., Matsuda, K., Shiraishi, T., Futamura, Y., Nakano, T., Tomita, T., Ishigami, K., Taka, H., Mineki, R., Fujimura, T., Osada, H., Kuzuyama, T., and Nishiyama, T.:
    "Amino group carrier protein-mediated secondary metabolite biosynthesis in Streptomyces"
    Nat Chem Biol, 12, 967–972 (2016).
  5. Kondoh, Y., Honda, K., Hiranuma, S., Hayashi, T., Shimizu, T., Watanabe, N., and Osada, H.:
    "Comparative chemical array screening for p38γ/δ MAPK inhibitors using a single gatekeeper residue difference between p38α/β and p38γ/δ."
    Sci Rep, 6, 29881 (2016).
  6. Yun C.S., Motoyama T., and Osada H.:
    "Biosynthesis of the mycotoxin tenuazonic acid by a fungal NRPS-PKS hybrid enzyme"
    Nat. Commun. 6, 8758 (2015).
  7. Soeda Y., Yoshikawa M., Almeida O.F., Sumioka A., Maeda S., Osada H., Kondoh Y., Saito A., Miyasaka T., Kimura T., Suzuki M., Koyama H., Yoshiike Y., Sugimoto H., Ihara Y., and Takashima A.:
    "Toxic tau oligomer formation blocked by capping of cysteine residues with 1,2-dihydroxybenzene groups"
    Nat. Commun. 6, 10216 (2015).
  8. Kawamura T., Kondoh Y., Muroi M., Kawatani M.,and Osada H.:
    "A small molecule that induces reactive oxygen species via cellular glutathione depletion"
    Biochem. J. 463, 53-63 (2014).
  9. Futamura Y., Kawatani M., Muroi M., Aono H., Nogawa T., and Osada H.:
    "Identification of a molecular target of a novel fungal metabolite, pyrrolizilactone, by phenotypic profiling systems"
    ChemBioChem 14, 2456-2463 (2013).
  10. Motoyama T., Hayashi T., Hirota H., Ueki M., and Osada H.:
    "Terpendole E, a kinesin Eg5 inhibitor, is a key biosynthetic intermediate of indole-diterpenes in the producing fungus Chaunopycnis alba"
    Chem. Biol., 19, 1611-1619 (2012).

メンバーリスト

主宰者

長田 裕之
グループディレクター

メンバー

室井 誠
専任研究員
本山 高幸
専任研究員
近藤 恭光
専任研究員
川谷 誠
専任研究員
清水 猛
上級研究員
野川 俊彦
研究員
二村 友史
研究員
YUN Choong Soo
研究員
大髙 潤之介
基礎科学特別研究員
永澤 生久子
基礎科学特別研究員
由田 和津子
特別研究員
LOPEZ Julius
特別研究員
加藤 翔
大学院生リサーチ・アソシエイト
山本 甲斐
大学院生リサーチ・アソシエイト
AMIR RAWA Mira Syahfriena Binti
国際プログラム・アソシエイト
青野 晴美
テクニカルスタッフⅠ
岡野 亜紀子
テクニカルスタッフⅠ
佐藤 玲子
テクニカルスタッフⅠ
平木 愛子
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号 ケミカルバイオロジー研究棟
Tel: 048-467-9541
Fax: 048-462-4669

hisyo [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2018年5月25日: 報道発表資料
オカラミンの化学構造と殺虫活性の関係
2017年12月12日: 報道発表資料
放線菌を用いたボツリオコッセン生産
2017年10月6日: 報道発表資料
かび毒の生産制御機構
2017年7月25日: 報道発表資料
化合物の標的機能を決定するツールを開発
2017年1月17日: 報道発表資料
新しいカルボキシル化酵素の発見